悪いことをしていないのなら、悪くない

題名を見ると「そりゃそうだよ」と突っ込まれてしまいそうですが、案外大事なことだったりします。

普段生きてる中で、必死に生きてて、そして、人の為にあろうとしている人に限って、

「自分が幸せになれない、幸せを感じないのは、自分が悪いことをしてきたからなのではないか」

と思う方が多いです。

これは自分を犠牲にしてきたり、自分の幸せを二の次に考えて生きてきた為だと私は思います。

完全に、悪いことをせずに生きてきた人なんていない。でも、その人生の大半を人に捧げ、自分の悪いところを省みて生きてきた人というのは必ずいる。

そんな方はもっと今までの生き方に自信を持ってよいと思います。

真面目に生きているのに、心のない人からの言葉に傷つけられたり。

他人を責めない性格のために、全ての責任を押し付けられたり。

悲しい話ではありますが、この現世ではよくあることです。

そして、自分が幸せになることを諦めてしまう。自分が何も悪いことをしてないのに、自分が悪いと思ってしまう。

「自分が悪いことを、そこまでしてきてない」と思いながら、幸せを感じない方は、是非とも神様に祈ってみてください。

「今まで私が生きてきた成果を見せてください」と。

きっと、何か自分の素晴らしさを感じる出来事が起きると思います。

悪いことをしていないのなら、あなたは悪くありません。中々に不条理な日々が流れておりますが、そこだけは、お忘れなく。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました