コンビニ焼き鳥とバイトさん

スポンサーリンク

スピリチュアル、霊能以外でも…ちょっとしたことを、「そのまま」に
それが、カテゴリー:「日々徒然」


最近はもっぱら、スーパーとコンビニだけ外出するようになってきました。その中でちょっとほっこりしたことがあったので報告を。


もちろん行くコンビニというものもできるだけ人に会わないようにと、近所のコンビニに行くようにしているんですけど。
まあそうすると自ずと、行くコンビニって限られてくるわけですよね。

そうしますと、やっぱり店員さんの顔とかいつのまにかなんとなく覚えてしまうもので。
「この時間にはあの店員さんが、いるかもだよなぁ」とか、思いながらコンビニに入るということもあるわけですね。

でも最近、知らない店員さんが増えたみたいでして。
明らかにたどたどしくて、本来は温めるか聞かなきゃいけないのに、「焼き鳥」を袋ではなくバックに入れて、そのまま出してくる店員さんとかがいまして。

「まあ、温めてもらえなかったけど家に帰って、レンジで温めればいいしなぁ」

などと、思って帰路につくわけであります。

その中でふと思ったんですけれども「もしかしたらあの方は、この働きづらい時期だからということで、コンビニバイトを始めた人なのかな。」と。

もしそうだったらば、すごい行動力のある人だなと思いました。あと、現状を自分で切り開ける人なんだなって。


どうしても人というものは、追い込まれてしまうと自暴自棄になったりとか、他人のせいにしてしまうわけじゃないですか。

そうならずに、慣れないことでも頑張ろうとしているっていう姿が、本当にすごな、と。

そしたらば、この焼き鳥も努力の結晶なんだな、という風に思えてきまして。
なんかいつも以上に、鶏ももが美味しく感じられた次第でございます。

自分も、今のご時世のせいに知らぬうちにしていることとかないかな、とか思いながら。道を切り開いていきたいなと思った、焼き鳥の話でした。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました