スマホでの記事更新の難しさと、謙虚と自信の両立の難しさと

スピリチュアル、霊能以外でも…ちょっとしたことを、「そのまま」に
それが、カテゴリー:「日々徒然」


こんにちは、彗光でございます。

今日は移動しながら記事を書いているのですが、中々スマートフォンでWordPressの記事更新するの、難しいですね。

iPhoneのブラウザだと上手くテキストエリアを選択できなくて。
それで、今日は違うアプリを使って書いてみてます…表示が何かおかしかったらごめんなさい……

取り敢えずテキストエディタを使ってHTMLを加えながら本文を書いてみたいと思います。
多少面倒臭さはありますが、確実なので良しとしようと思います。


さてさて。
世の中にある「人生」や「仕事」の秘訣についてなんですけど…「自信を持つこと」と「謙虚に生きること」が大切と書かれている場合が多いんです。

ここで、私。困ってしまいまして。
「自信を持つ」とどうしても、「自分は〜ができる」と思ってしまう訳じゃないですか。
でもそれを大っぴらに表すと「謙虚」ではなくなるわけでして。

「自信のある」「謙虚さ」というのはどういう感じなのか、結構長く考えていたんですよ。
ちなみに、皆さんはこの「自信のある」「謙虚さ」というのを、簡単にイメージすることができますか…?
できるのならすごいと思います。私はこの通り難しかったので…

それで長く考えた自分なりの答えが…
「自分の身の程を知り、今までやってきたことは認め、できないことは素直にできないと認める」
というものになったんです。

言い換えれば、自分がやってきたこと、成し遂げたことはきちんと認める。現実を見る。
しかし、背伸びはしない。できていない事はできていない訳だから。
あと、自分で今までの「成果」を認めるのは大事だけど、他人に振りかざし過ぎない。
これが「自信を持っていること」と「謙虚」であることを両立してる状態なのかなって思いました。

正直なところ、私は世界的なヒーラーとか人を困窮から救った偉人を沢山知っているので、
自分のやっていることがそこまで「自信が持てること」だと思っていませんでした。
でも、「私と出会って人生が変わった」と言ってくれた人は実際いるのだし、その現実はきちんと見つめていかないと、と思っています。

でも、それ以上は他人に誇る必要はないのかなと。
実際、上には上がいる訳ですし、傲慢な態度を取ったところで、助けてくれる人が増える訳でもないので…

そもそも、「スピリチュアルガイダー」として、人に生きる道をガイドする訳ですから、
「何かを教える立場」になりがちなのです。つまり、どうしても「上から目線」で話をしてるように捉えられがちなので。
余計に自分の態度は気をつけないとと思った次第です。

今までやってきたことや、お客さんや多くの支えてくれた人から貰った言葉は大事にし、
いつも隣で同じものを見ているようでありたいな、と思った今日このごろでした。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました