SEOの対策とサイトが上位に表示されること

スピリチュアル、霊能以外でも…ちょっとしたことを、「そのまま」に
それが、カテゴリー:「日々徒然」


こんにちは、今日は私がこのサイトを作っているときに感じたことを書いていきますね。
最近デザインを変えたり、要らないと感じてきた機能を削っていた中で思うことをつれづれと書きます。


正直、「自分が言っていることを広めよう」となると、このサイトの知名度を上げる必要がある訳です。
「必要がある訳です」と書くと、あまり気乗りがしない感じが伝わってしまうかもしれませんが笑、あまり商業的になりたくないもので、そこまでサイトが有名になることに時間を割いておりませんでした。

いわゆるSEO対策(このページが検索で上位に表示されるようにすること)のために、どういった言葉が検索されているかを調べて、そのキーワードをうまく入れていく…
そんなことを気にしながらブログを書かないと、検索上位には表示されない訳でして。

さらに、検索上位に表示されるには「上位のサイトが使っているような内容」を網羅する必要があります。
Googleの検索に殊更重点を置くのであれば「多くの人が知りたい内容を検索した時に、クリックされるようなタイトルや内容を書くこと」で、検索順位が上がっていく訳でなんですね。

でも、その作業をしていて、どんどん嫌になっていく自分がいたんです。
何故なら、既に検索上位にあるサイトと同じようなことを書かないといけない…と何かを強制さているような気持になったからです。

例えば「記事の文字数として3000文字を超えるように」とか、「自然な形で本文中にキーワードをちりばめる」とか、記事を書くことへの制約が増えていく訳でして。
そうすると、自分が書きたい内容がどんどん書けなくなってくるし、とにかく記事を書くことにストレスを感じるようになっていくんですよね。

ふと思ったんです。
社会的に多くの人が思っていることや、「こうだ」と思っている流れに乗るような記事を書くときは、そういった他のサイトや検索ワードの意識があってもいいと思うのです。
しかしながら、「誰もが気づいていないような内容」であったり、「社会的な思想に反対する記事を書くとき」はこういったSEO対策を意識することは、非常に障害になるのです。

例えば、ダイエット方法を検索している人がいるとしましょう。
その方は、きっと「ダイエットの具体的な方法」を調べるために、Googleなどを使うと思います。
しかし、記事を書く立場として、その「ダイエットに反対する立場」を取る時には、そのダイエットを否定する記事を書かざるを得ません。
その時、その反対記事というのはクリックされることが少ないもので、検索順位は上がらないんです。

つまり何がいいたいかというと「検索順位を意識して記事を書く」と、マイノリティの意見を通すことは難しくなります。
「安易な生き方に潜む危険性」というものを主張する記事などは、クリックされることは少なくなるわけです。
今の検索順位というのは、マジョリティに対して友好的で、マイノリティの意見を除外する場ではないか、と感じるようになりました。

そうすると記事の内容というのは、「いかに読んでいる人に対して有益な情報を与えるか」という話ではなく、「いかに読んでいる人の意見や求めていることに寄せるか」ということが重要になってきます。
しかしながら、その記事には真意がありません。
「クリックしてくれる人がいればそれでいい」という考えでウェブページが乱立することになり、ウェブページで検索をする中で新しい意見を入手することが難しくなるわけです。

別に検索システムやサイトの評価のされ方自体が悪いとは言ってはいません。
新しい知識を得るときに、「手軽に情報を得られる」という側面においてこれ以上に素晴らしいことはありません。
しかし、自分が既に何かの対象に対して意見を持っている場合、その意見が大多数の意見に合っているなら、反対意見を見ることは少ない、と言えるわけです。

他のSEOの対策として「リンク」があるのですが、これは自分が書いた記事がSNSや他のブログなどで紹介されることを意味しています。
この要素は「実際いいと思った人の意思を尊重する」ような素晴らしいシステムのように思えますが、これも組織票のようなものによって集められてしまうものです。

ですので、結局のところ「新しい奇抜な意見」などに対して検索システムはあまり優しくないのが現状だと思います。
それでも「システム」として動いているので納得するしかないのですが、だからといって「システムに友好的になるために」自分の意見を表現しなかったり、マジョリティだけが力を持つ環境には少し疑問があります。

取り合えず、私は検索キーワードをそれほど意識をしないで記事を書こうと思いました。
意識をし過ぎて記事を書いていたら、具合が悪くなってしまって寝込んでしまったんですよね笑

ただ、「どういった事柄が今ネット上で調べられているか」ということを調べることは有意義だと思います。
他の人が知りたい情報をつかむことで、多くの人を助けるような情報を発信できる可能性がある訳です。
そのときに「評価」を気にして、自分の意見を変えたり文法を変えなければいいだけのことだ、ということです。

あ、ちなみに私は今まで記事を書く上で自分の意見を「検索にフレンドリーになるために」変えたことはないのでご安心を。
ただ、キーワードをどう盛り込もうかとか、旬の話題をあまり関係ないのに取り入れようと試みたことはありましたが、それはうまくいかなかった、ということはお伝えしておきます。

今は検索にサジェスト(一つのキーワードを入れると、関連するキーワードが出る)ことによって、より関連する情報が出やすくなっておりますが、
もし否定的なサジェストが出るのであれば、併せてみてみるのをお勧めします。
多面的に一つの物事を捉えて「自分はどう考えるのか」ということを考えるのは、非常に重要なことですからね。

と、まだまだニッチ路線を抜け出せそうもないこのサイトですが、それでもたった一人の「助けて欲しい」「幸せになりたい」と声を大切にしていきたいと思います。
私は私らしく。Googleさんに見つけられることが少なくとも、誰かに届けばいいな、ぐらいで。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました