昔の自分はダメだったなぁ…でも自分だなぁ…

スピリチュアル、霊能以外でも…ちょっとしたことを、「そのまま」に
それが、カテゴリー:「日々徒然」


最近、サイトのチェックツールを入れて、自分のサイトの良くないところを直すことに時間を割いています。
チェックツールから「この記事は説明が足りないよ!」とか「何が書いてあるかぱっと見て分からないよ!」と指摘をされるので、過去記事を再編集しているのですね。

それで、過去の自分の記事を改めて読むわけですが、正直「過去の自分は何を書いているんだ…ダメダメじゃないか」と思うことがありまして。
「文章の言葉」であったり、「誤字がある」ことを発見しては、小さなため息をもらしています笑

でも、昔から自分の「想い」は変わらないでいるのだな、ということを確認することもできた訳で、「自分は自分だな」とも感じました。
「我ながら良いことを書いているではないか」とパソコンの前で思わずうなずくこともあるので、そこまで「過去の自分が愚かだ」と感じでいるわけではないのですけどね。

それにしても、4年ほどこのサイトで記事を書き続けて「自分も成長したのだな」と感じざるを得なかったものです。
昔よりは文章がより詳しく書けるようになりましたし、「見出し」の活用など他の人が読むことを意識して書けるようになってきたことを実感しています。

当時も「いい記事を書こう、読んだ人の心が明るくなるような記事を書こう」と全力で向き合っていたわけですが、それでも足りないことがあったわけです。
その足りない部分を、自分は少しずつだけれども得てきたんだなという喜びがあります。

「努力」は無駄になることがない…こういった言葉は、自分の生活で実感をすることによって、他の人に伝えるときにより真実味と供に届けることができると思っています。
小さな一歩でも踏み出し、重ねることによって確実に前に進むことの大切さを改めて感じたのでした。

きっと数年後の私が、今の私が書いた記事や、今の私が作ったページを見たら同じように「自分はまだまだだなあ」と感じるのだと思います。
というか、そう思えるように成長していきたいものです。

こうやって何年かかってでも進むことによって、「夢」などの「自分が目指しているゴールに近づいていくのだ」としみじみ思いました。
すぐにそのゴールに辿り着けない「もどかしさ」はありますが、何か長い期間漬け込んだ野菜をぬか床から取り出すような楽しみもあります。

時々へこむことはありますが、最終的に皆様に「生きてきてよかったよー!」と胸を張って言える日がきたらなと思っています。
今の時点でも十分楽しい時もありますが、もっと自分のイメージした「人」になりたいなと思っているので。
そのためにも「自分」が目指す方向に歩き続けることを止めずにいきますね。

皆さんも、今どこかを目指して歩いていますか。今どこまできているでしょうか。
時には過去を振り返って、歩んできた「轍」を眺めてみて自分の成長を実感するのも楽しいものですよ。
そして、近い未来お互いに「いい道を歩いてきたね」と言い合いましょうね。
私はその日を楽しみに、また同じようにこの道を歩いていきますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました