7月27日の私がいろんな人に伝えたいこと

お陰様で日々いろんな人からお悩みのご相談を頂いております。本当、頼りにして頂いてありがとうございます。その中で、皆さまに向けてまとめてメッセージを送れないかと思い、本記事を作成させて頂きました。


何故そのようなことをしているのかというと、実は日々のお悩み相談の中で、相談事にある共通項を感じた為です。それは皆様「真っ直ぐに生きる事が大変である」ということです。

  • 「仕事を体調が崩れる程頑張っても、認めて貰えない」
  • 「お金を払って頼んだ仕事があるのだが、受注先が動いてくれない」
  • 「彼氏が理不尽に怒ってきて、理由を聞いても拗ねるばかり」

といったものがその例です(実際に受けた相談と若干内容は変えております)。


さて、別記事にて「人は魂のレベルを上げるために生きている」という話を書かせて頂きました。

生きる目的ってなんだろう
生きる目的って、冷静に考えると何なのだろう。

この話には実はちょっと補足があります。

魂は新しい課題をクリアする為にこの現世に降り立つということを書かせて頂きました。

さらに詳しく書きますと、実は、魂は生まれ立つ時に、より課題が解決しやすい環境や時代を選んで生まれてくるものなのです。例えば「人の優しさを大切にする」ことを課題として生まれる時には、「より人当たりがきつい環境、時代に生まれる」ということですね。


それでは、この時代に生まれることを選んだ魂達は、何を課題として、何を得ようとしてるのでしょうか。

 

私個人の感覚ではあるのですが、この時代に生まれた魂達は、真っ直ぐに生きる事を学ぶ為に生まれてきたんじゃないのかなと最近強く考えるようになりました。

その理由として、「偏向報道」「ブラック企業」「情報の捏造」など日々のニュースでもルールや事実とは違うことをまかり通そうとする話が増えてきていることがまず一つ。そういったマクロの視点だけではなく、ミクロの視点で考えてみても「少しばかりのズルをする人」と「それに苦しむ人」を多く見るようになった気がする、というのが二つ。

もちろんこれは感覚的な部分もあるので、なんとも言えない部分があるとは思います。

 

しかし最近、「正しさから外れた人」は「正しく生きる人」を飲み込もうとしてるのではないかと感じる時も増えて参りました。

例えば、

  • 「仕事場で成果を横取りされた人」は「違う人の成果を横取りしよう」としたり。
  • 「人に誹謗中傷された人」は「似たような方法で誹謗中傷しよう」としたり。
  • 「旦那に酷い態度を取られた人」は「問題が解決する前に、自分だけ気持ち的に損しないようにと不倫をしよう」としたり。

「負」が「正」を飲み込もうとしてるのではないかと感じる事が増えてきました。

全てが私の気のせいなら、よいのですが。


ただ、私の感覚だけではなく、多くの偉大なスピリチュアリスト、ヒーラーが話していることがあります。

それは「自分が行ったことの報いや、見返りは必ず受ける」ということです。海外ではベティ・シャインさんなど、日本では美輪明宏さんなどがお話していることです。

また、思いの強さや純粋さの大切さも同じように語られております。要は、間違って人を欺くようなことを思っていれば、そのような思いが「欺きの負のエネルギー」を集めるため、人を陥れることはすべきではないという事です。もちろん、人の為にあれ、という思いも同じような思いを引きつけます。

結論を申すと、人を欺くことや人を傷つけることはよくない、ということです。これは他人のことを思ってではなく、自身のことを思ってのことです。

 

上で書いたような偉大なスピリチュアリストと比べると私はまだまだ多くの方とは出会ってないのですが、それでも、人を欺いたり傷つけた方が今も幸せに暮らしてるケースは見たことがないですし、人の為に尽力してる方が不幸せになったケースもまだ見たことがございません。

ですので、長々と書きましたが「汚い道に唆されても、真っ直ぐ生きよう」というのが皆様に伝えたいことです。

どうしても暑くなると、イライラしやすいもので、私も汗っかきですぐに短期になってしまうものでして。自分も気をつけないとな、という感じであります。

 

一人で困った時は、いつでもご連絡を下さいませ。皆様が暗い闇に飲まれませんように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました