心の在り方が導く未来

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


画像は今見上げて撮った画像です。特別なものではないけど、なんとなく、撮ってみました。

さて、長らくブログを休んでおりました。
前のブログも「少しずつ書いていく」ということを書いていたと思うのですが、本当にちょっとずつになったものです。

ブログ記事を書いていない間、いろんなことを考えておりました。
人間って何なんだ、と思うことも沢山あって、誰のためにブログを書けばいいのかなとか悩んだこともありました。

その結論はまだ出ていないので、多分ブログはまたゆっくりになると思うのですけど、今日はテラス席で気持ちよくパソコンを触れているので書いています。


近年、「人の心の持ち方」とか「人の在り方」について変わってきたように思えておりましたが、
新型コロナウイルスの時期で、さらにそれが加速したように思えます。

「変わらないもの」というものが、少しずつ変化をしてきていて。
例えば、安定した職業とか、安定した関係性とか。「安泰」と言われていたものが、そうでもないと気付かされたような気がします。

思えば、リーマンショック時にも仕事の在り方や、お金の在り方…それに伴う、人としての生き方が問い質されたように思えましたが、

今回の一件で、さらに人に生きることを「強く」考えさせる結果になったと思っております。


自分の周りでは、人間関係が目まぐるしく変わりました。

といっても、自分自身に関わることは少なく、人の相談を受ける形になったものですが。

とにかく、「自分の中で、なんとなく思っている『正しい』」に従った人が多いように思えます。

断ち切れなかった関係を終わらせたり、辛い思いをしていた環境を変えたり。
様々な変化が訪れたようでした。


これからの時代…というか、今もそうなのですが、人として何を大事にしていくかが、大切になっていくのではないかと個人的には思っています。

といっても、すべての人ではなく。
逆説的に書けば「人の生き様を直視できる人が、自分の道を切り開いていく」のではないかと考えている、ということです。

自分自身を見つめ、目的意識を持ち。
少しずつ変化し続けることは、今までも大切なことでした。

しかし、これからの時代、そういった「意識」を持っているかどうか、ということで、毎日に差がついてしまうだろうというのが正直なところです。

今、地位や名誉、金銭的に成功している人でも、
他人に優しくすることなく、自分を甘やかし、驕っていけば未来は危ぶまれるだろう、ということです。

SNSの発達を皮切りに、いろんな技術に寄って人の距離は近くなりました。

近くなれば、それだけ思慮深く動かなければならないのですが、その心遣いが追い付いていない。
そのため、人の恨みを買ったり、人から怒りを貰うことも増えたと思います。

感情は、他人に影響を与えていきます。強い恨みは、呪いになるように。
現代は、そういった強い思いが、蓄積するような環境にあるのです。でも、環境への理解が追い付いていないのだと思います。

そのため、より優しく、より相手を考えなきゃいけないのに、実際は「技術」の手軽さだけを着目するだけになってしまっている…最近余計に感じています。

だから、人を考えられる人は、人から「多大な」良い感情を受け、大成するのに対し。
人を考えられない人は、人から「多大な」恨みなどを買い、未来を失う。

そういうものなのかな、と考えています。


これからブログは、そういった「心や因果」について堀り下げていこうかなと考えています。

多分、精神世界を追及したり、幸せを追求したりする人には役に立つ情報だと思うけど、
所謂「スピリチュアル」に興味ある人にはちょっと面白くない内容になるかもしれない。

それでも、数少ない同じ方向を見る人のために、またボチボチ書いていきますので、何卒よろしくお願いいたします。
私のお気に入りのスターバックスをはじめとしたカフェが、早く通常営業になりますように(大体

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました