成人式と、人間の不完全さの克服

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」



昨日、成人式が行われましたね。
この度、大人としての一歩を踏み出された方々、改めておめでとうございます。皆様の毎日が、夢や希望に満ち溢れますように。
どんな人間でも「変遷」の時というのがあります。夢や目的に向かっていく中で、変わり続ける時、と言い換えても良いかもしれませんね。
そんな時は、人は「不完全さ」とともに生きる事になる訳です。まだ、目的を達成してない状態なのですから。

こうやって書くと、当たり前のことなのですけど、不完全でいることに焦りを覚えてしまうことって多いと思うのです。
仕事が上手くできないな、とか、理想通りに振る舞えないな、とか。
でも、不完全さというのは、成長の過程にあれば必ず経験するものだと思います。だから、焦らなくて良いのではないかなって。私は改めて思います。

「ああ〜どうして私はダメなんだ」って、頭を抱えること、ありますよね。私も、日々「こうすれば良かった…」ということを考えてしまいます。
そんな時は「まだ変われる余地があるってことなんだ」と思うようにしています。きっと、違う未来が訪れるきっかけになると。
新成人の皆様は、これから様々なご経験をなさっていくと思いますが、「今できないこと」に注目せず、「これから出来る様になる可能性」に着目して、毎日を過ごしていって欲しいなと思いました。

沢山の希望と、可能性に満ち溢れた若者たちへ…いつか、大きな花が開かんことを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました