目的に向かって、どの道を選ぶのか。

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」



新しい技術を覚えようとしたとき。
誰からか教わったり、本を読んだりと沢山の方法があると思います。
もちろん、先立つ方の知識や経験から教わることはとても大切ですが、その考えに固執し過ぎるのはあまり良くないと言えます。

既に自分が目指す生き方をしている人の、方法や習慣を真似ることは、とても素晴らしいことだと思います。
何故なら、そういった具体的な技術だけではなく、波動やエネルギーという目に見えないものを、同じように得ることができることがあるためです。

しかし、目指したい分野の先達だからといって、自分が目指している姿とは違う姿の人を無理に真似る必要はないと思います。
同じプロ野球選手であっても、自分が真似るべきは、自分が目指すプレーを行っている選手であって、有名だからといって、違うポジションの選手であったり、違った系統の選手を真似る必要がないようなものです。

こうやって例を挙げてみれば、当然のように思われるかもしれませんが、今、社会で注目されている書籍には、「目指している姿」ではなく、「結果」のみを提示しているものが多いのが現実です。

例えば「これさえすれば10kg痩せれる」とか、「このやり方をすれば毎月40万円稼げる」といった、結果を前面に押すものが多いと思います。
しかし、皆様は目指すしているものは、果たして本当に「10kg痩せること」や「毎月40万円稼ぐ」ことなのでしょうか。

もちろん、大きく「YES」と言えるのであれば、それを真似るべきでしょう。
しかし、もし違うのであれば…例えば、痩せたいのではなく、美しくなりたいのであれば、自分が目指す美しさを持っている人の真似をすべきですし、経済的な余裕を持ちたいのであれば、その習慣を真似すべきだと思います。

方法は目的に対する、一つの要素でしかありません。

目的に対する心持や意識、逆に回避をしなければならないことなど、様々な要素が組み合わせって、「達成」は生まれていきます。
誰かの方法を真似ていながら、自分が目指す姿から離れているな、と感じる方。
そういった方は、一度本当に今選んでいる方法が、目的に向かっているのか確認するのが良いかもしれません。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました