自分を偽ってるんじゃないかって。

スポンサーリンク

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」



ご無沙汰しております、彗光です。最近はブログ更新が滞っており、すみません。
最近「滞り報告」ばかりなので、そろそろペースを取り戻さないと、というところであります。


お陰様で、最近は新しい方とお会いすることが増え、新しい試みに混ぜて頂く機会も頂きました(詳細は別ブログにまとめようと思います)。

ただ、ちょっと仕事を積み込み過ぎたのか、体調を一週間ばかり崩したり…
まだまだ、自己管理が鈍いな、と感じている限りです。

そんな毎日でしたので、お布団で時間を過ごすことも多く…
手持ち無沙汰に、読書をしていることが増えました。歴史小説や、仕事関連の本、漫画などジャンルは様々です。


その読んでた本の中の一つに、サミュエル・スマイルズの「自助論」がありました。原書ではなく、簡略化されてたものですが。

そこでふと考えたことがあります。
「自助論」では、成功のために必要な要素が何個か出てくるのですが、その一つに「誠実さ」というのがあります。

私はどれだけ、仕事をしてるときに誠実なのだろう?と考えてみました。

すると「かたち」に、はめようとしている自分というのを発見してしまったんですよね。
仕事としてブログを書いているから、弱音は吐かないようにしようとか、「それっぽい感じ」を出そうとしてたりとか。

でも、そうすることで「霊能者っぽい空気」が作れないときには、ブログを書くことができなかったり。
言葉がどんどん、自分から“かけ離れていくこと”を見つけてしまったんです。

…それって、「誠実」なのかなって。

偽りの自分を見せてるのではないのかな?と自分で思ってしまいました。だからといって、「楽な」自分を出して、礼節欠けるようにはなりたく無いわけでして。


まあ、ここまで長く書きましたが、簡単に言うと、

「もっと自分のまま、自然体を見せることが、自分の誠実さに繋がると気付いた。ただ、礼節だけは失わずに」

ということであります。

皆さんに誠実であるために、自然体で生きていこう。ブログを書いていこう。
改めてそう思った次第で、ございました。

またブログ書いていくぞー!ただ、無理しないぞー!変に気取らないでいくぞー!

気取らずの一歩めとして、本日の写真は近所のラーメン屋のラーメンでした。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました