私のプレイリスト(洋楽版)

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


こんばんは、彗光でございます。
今日は私が普段聴いている音楽の「プレイリスト」の一部紹介させて頂く記事の、第二回になります。

第一回はこちら

「しんどいな」と思った時や、「頑張ろう!」と思った時は、このプレイリストを聴いています。
皆さんも音楽の力で、少しずつ幸せな波動を出せたら…と思います。

10曲以上登録しているのですが、その中でも印象が深いものを書いていきます。
今回は洋楽中心に書いていきます。

Lady Gaga-Born This Way

最初に紹介するのは、「Lady Gaga」さんです。
奇抜なファッションで有名になりましたが、映画に出演したり、その生い立ちが波瀾万丈だったりと、
決して「ただ目立つ」わけではない、「人間として」の毎日を真剣に過ごされてきた方です。

Wonder Wallさんの動画をお借りしました。

公式動画もあるのですが、こちらの翻訳している動画をお借りました。
「神様が失敗するはずがない、みんなきちんと産まれてきた。
だからこそ、私たちは自分の道を進んだっていいの」

という強いメッセージが現れています。

Defying Gravity-(from)Wicked

「Defying Gravity」は、ミュージカル「ウィキッド」の劇中曲です。
一番有名なのは、「Kristin Chenoweth」さんと「Idina Menzel」さんが歌ったバージョンですかね。
海外ドラマ「Glee」でも歌われ、有名になりました。

和訳、お借りしました。ありがとうございます。

直訳すると、「重力に逆らう」という意味ですが、この「重力」とは単なる「地面に引っ張る力」だけではありません。
ミュージカル「ウィキッド」において、立場を違えてしまった魔女二人の想いがぶつかる曲です。
その心情に合わせて、楽器のフレーズも劇的に変化する、とても「熱い」曲です。

私は「劇団四季」さんの「ウィキッド」を観たんですけど、本当に感動してしまって。とにかく名作、名曲です。

「自分のままに生きる。幸せとは。」という強いメッセージを感じる曲・物語ですね。

You Raise Me Up-Celtic Woman

最後に紹介するのは、「You Raise Me Up」です。
いろんなバージョンがあり悩みましたが、日本に浸透し、私が一番聴いている「Celtic Woman」のバージョンを紹介します。

日本で有名になったきっかけは、トリノオリンピックで金メダルを獲得した「荒川静香」さんが、
エキシビジョンでこの曲を使ったことだと思います。

https://studio-webli.com/article/lyrics/208.html
(翻訳、お借りしました。ありがとうございます。)

「あなたが支えてくれるから、私はより自分を輝かせることができる」
意訳ではこういったところでしょうか。

歌詞の中では「人として、永遠がないこと」が歌われており、人の力の無力感がある一方、
その上でそばにいてくれる人の「大切さ」を教えてくれる…素晴らしいものです。

さいごに

今回この記事を書くために改めてすべての曲を聴いたのですが、もうその時点で涙がボロボロと流れてしまう曲ばかりでした。

私は「ほどほど」にしか英語ができないので、洋楽を聴くときはメロディの方が最初に自分に入ってくるのですが、
大体「この曲、いいな」と思うと、不思議とよい歌詞だったりすることが多く、不思議だなと思います。

きっと、その歌詞に込められたエネルギーが、人の心を震わせるからではないかな、と感じました。

時間があれば、是非とも聴いてみて下さいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました