それぞれのクリスマスを幸せに

今日はクリスマスです。
近年のクリスマスはイルミネーションが盛んで、一種のお祭りのような感じがしますね。

日本では、クリスマスは恋愛や家族の日として認識されておりますが、元を辿るとキリストの生誕祭(正しくは降誕祭)であることは、皆様よくご存知ですよね。

「日本はクリスマスを間違って認識してる!」

と仰られる方もいますが、私としては、皆様が幸せな時間を過ごせたら、それで良いのではないのかな、と思っております。

クリスマスでもお参りでも、神様や偉人たちなどが関わる行事について、「作法」や「ルーツ」をお気になさるが居られるのは、素晴らしい事だと思います。

ただ「形」を気にするがあまり、行事そのものを幸せに過ごせなくなることは悲しいことです。

もし、貴方がお亡くなりになって、その日が貴方の記念日になったとしましょう。
その記念日は、どういった日になって欲しいと思いますか。私なら、その記念日を皆さんにニコニコして過ごして欲しいと思います。

私と比べものにならないぐらい、多くの人のことを考えてる神様や偉人たちも、皆様が幸せに記念日を過ごして欲しい、と思ってらっしゃると私は思います。

ですので、友達と過ごすクリスマスも素晴らしいクリスマスですし、一人で過ごすクリスマスも素晴らしい。
当然、バーでお酒を飲むクリスマスも、いつもと変わらない日々を過ごすクリスマスも素晴らしいクリスマスだと思います。

でも、羽目を外し過ぎることはないようにしていきましょう。人に迷惑をかけるようなことをすれば、天界のキリストさんが胸を痛めるでしょうから。

美味しいものを食べて、年末に向けてニコニコと過ごせるきっかけとなるような、そんな一日になればいいなと思います。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました