今一度自分が悪いのか、客観的に見てみて欲しい。

結構忙しくしておりました、ブログ楽しみにしていた方、申し訳ございません、今日からまた少しずつ書いていきます。


今日は日記的な話ですね。

実はいろいろ、スピリチュアルな道をご案内しながらも私自身はまだ自分の能力に満足いってないんですよね。寧ろ、いろいろ足りないぐらい。

でもそれでも私のことを必要としてくれる人もいますし、感謝してくれる人もいるわけで、本当にありがたいなって思うんですよ。

その中で自分を再評価できるんですよね、「あ、案外できてるんだな」って。だからもうちょっと自信を持つことも大事だよなと思う今日この頃。

これから一ヶ月、年末に向かって日々は進んでいく訳ですが、どうしてもいろいろ困難なことが起こりやすい時期なんですよね。その中で力になれることがあれば、力になりたいなって。


さて、話は変わるのですけど。

ごめんなさいね、出来るだけ書かないようにしてるんだけど、今日はちょっとだけ刺激的な話を。

最近、いろいろ悩みを聞くんですけど、共通している部分がありましてね、これは皆様に伝えるべきなのではないかなって。

それは「悪いものは悪い」ってことなんです。前にもブログにまとめてはいるのだけど、敢えて、改めてお話ししますね。

物を壊すとかね、人に暴力を振るうとかね。あとは見えないところから人を妨害するとかね、陥れるとか。

それは全部悪いことなんです。いや何をまた、って思われるかもしれないけど。

でも、いろんな人がそういった…他人からの悪いことに苦しめられてて「自分が悪いんですかね?」って聞いてくる。ゆっくり考えれば分かることだと思うんです、「必要以上に自分が悪いと思うことはない」ということ。でもそれができないぐらいに追い込まれてる人も沢山いる。だからこそ、伝えたい。

 

「悪いことは悪いこと」

 

なんだって。

 

そして、もう一つ大切なことがありましてね。

「悪いことを受けた時に、反撃をして自分も同じ世界に入るようなことはしないようにすること。」それが本当に大切なんです。

反撃したら、同じ世界の人なのです。同じ運命を辿ってしまうのです。あなたが反撃しなくても、きちんとこの世界は良いものと悪いもののバランスを取ってくれるようにできてます。

だから、あなたを不幸にする人のために、自分を不幸にしないこと。

変に攻撃してくる人がいたら、「あら、大変なのね」と笑って済ませましょう。もしくは、関わらないようにしましょう。

まずは自分を大切にすることが一番なのですから。

 

優しい人間が、悲しみだけを持つような世界にはなって欲しくない…だからこそ、言葉が届けばいいな、そう思います。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました