仲間を求めて

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


今日の朝に、「自分が戻る瞬間っていうもの」を実感した。
書きたいものが、わって出てきて、すごいリラックスをしたような状態。

残念なことに、その状態は少し経ったら解除されてしまったんだけど、久しぶりに「自分らしい自分というもの」を見つけられた気がする。

自分が他人に教えていることがたくさんあるんだけど、結構自分でも忘れていることってあって。

特に、「うまくいかない時には慌てずに休むこと」とか、「自分を優先すること関連」のことが今でも結構苦手。

まあ、見えない存在から間接的に「自分の心が楽しいと思えるまで休め」って言われたこともあって
(実際には、全く違う関係性の知り合いから同じことを言われたことに気づいたけど)、

久しぶりに何も考えずに、趣味に没頭していた感じ。

おかげさまで、その次の朝に、上のような自分が書きたいものとか、自分が伝えたいものを、再認識することができた感じかな。

 自分が求めているものっていうものも、ちょっとだけ思い出せた気がする。


なんだろうな、やっぱり真面目に生きていて、いろんなことに困窮してしまう人の力になりたいし、
まず自分の欲求として、そういう人たちと繋がっていきたいよね。

自分は、正直な話「情熱と真っ直ぐに生きる人」っていうのを、周りにあまり見つけることができなかったんだよね。

悪いことではないんだけど、やっぱりどうしても自分の生活が苦しくなったりとか、苦労することや、努力することが辛い人は、
どこかで妥協してしまうものだから。

「夢を追うことの大切さ」を認識している人はたくさんいるんだけども、「実行に移すこと」をできる人は少ないわけで。

ただですら、夢を追う事って忍耐との戦いなんだけど、そういった仲間がいないと孤独と共に戦うことになるから、本当にしんどくなる時はあると思う。

「いつ諦めるか」とか「歩いてきた道が正しかったのか」とか。
今まで費やしてきた時間が、無駄に感じることもあると思うんだよね。前に進めていないって思っちゃうと。

私もまだ、自分が目指す最終ゴール地点っていうものにたどり着いたわけではないけど、
でも最近なんとなく、ゴールが近づいてきてるんだなって感じる。

だからこそ、今夢を目指していて真っ直ぐに生きている人たちの力になりたいなって思うし、繋がっていたいなって思う。

とにかく、歩くことをやめないこと。止まることは別にいい。
時には、休むことも大事だし、少しでも幸せを感じるような毎日を過ごすべきだと思うし。
それが、夢を実現することの近道にもなっていることを、伝えていきたいよね。

仕事として、人の生き方に触れつつ。
心からの仲間を、探し続けていきたいと思う。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました