正しいことは正しいのだけど、それだけで生きる必要は無いと思う。

私は人と話す時…というかセッションを行う時には「どう改善するか、どうやったら道が開けるか」に焦点を当てて話すもので、どうしても内容が「これから〜するのがよい」とか「これはやめたほうがいい」といった、変化に基づいた話をしてしまいます。

ですから、「そのままでいいんだよ」というメッセージを伝えることが少ないため、よく偉そうとか言われてしまうのですが、それは立場上しょうがないのかなって思ってます。

今までの経験や、スピリチュアルな法則、スピリチュアルな存在から導き出した「正しいこと」を伝えようとするため、避けて通れない部分があるということですね。

それでも皆さんにメッセージが響くよう、同じ立場で話したいなと思ってます。


しかし、実際のところ。

 

いつでも、正しい選択を取る必要性はないと思ってます。正しい道を歩もうとした時、とても大きな労力がかかることもあるからです。

例えば、結婚生活が上手くいってなくて、結論として離婚したほうがいいとなった時。それが正しいからといって、次の日に急に離婚に向かって動き出す必要は必ずしもない、ということです。

だって、その時には既に上手くいってない結婚生活でとても疲れてしまっていて、何も動き出せないほど自身を摩耗してしまっているときもあるのですから。

そんな時には「正しさ」も大事ですけど、まずは自分を大切にすることが一番だと思います。まず休んで、自分を大切にしてあげて。そして希望が持てるようになったら、正しさに向かって歩き出す…それでいいんじゃないのかなと。

 

常に正しくある必要はないのです。

悪いことをしなければ、いいのですから。

 

ですから、私のTwitterでの発言をみて「直ぐにそんなことは無理だよ」と思うことがあるのなら、それはそれでいいのです。

 

「迷った時に、何をみちしるべにするか。」

私の発言は、その答え探しのきっかけになればいいのかなと思ってますので。

 

とにかく基本は、無理をしないことです…幸せに生きるには、未来も大事ですけど、まずは今。

季節の変わり目、なかなかに心身ともにストレスが掛かりやすい時期ですが、何卒ご自愛下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました