「冷静さ」で「不安」に対応する

スポンサーリンク

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」


毎日様々な「新型コロナウイルス」への情報が飛び交う中、「不安」に対してどうしていくか。スピリチュアル目線で書いていきます。

今まで「引き寄せの法則」について、このブログで書いてきました。
「引き寄せの法則」というのは、簡単にいえば、「強く感情を持てば、その対象が現実になる」というものです。

必要以上に恐れたり、マイナスな想像をすれば、自分の周りに「起きて欲しくないこと」を引き寄せてしまう…
そんな中、必要なことは「冷静な情報」に基づく「具体的な回答」だと私は思っています。

新型コロナウイルスについて、

「どういった場所を回避しなければならないのか。自分の身の周りだと、具体的にどういう場所か。」
「どういった症状が出るのか。また、症状が出たときにはどういった対処をすればいいのか。」
「日々の対策はどういったことをすればいいのか。何を備えればいいのか。」

こういった様々な状況に対して、具体的な回答を持っていることが大切だと思います。


日々、ニュースでは様々な情報が飛び交います。

「~県で、感染者数が○○人増えました」
「××社で感染が確認されたようです」
「自粛の影響で、街がどうなったかをお送りします」

など…

例えば、上記のようなニュースは状況を確認するためには大切なニュースですが、「対策」には直接繋がらないと思います。こういったニュースを「客観的に」見られるのなら良いのですが、

「うわ、怖い。どんどん深刻化していくよ…」

などと、負の感情を引き起こすトリガーにしてしまっているのでしたら、あまり見ないほうがいいと私は思います。

また、こういった不安を想起させる情報に対して、自分を安心させることができるのは「冷静な情報」に基づく「具体的な回答」だと思います。


実際、感染者数が増えている事実に対して、感染を防げている人がいるという事実もあることを忘れてはいけません。つまり、「功を奏してる面」というのがあるはずです。

こういった「少しでも効果を出している面」について着目し、自分の行動と照らし合わせることで、必要以上に負の感情を抱かなくて済むのです。

ニュースで
「ナイトクラブでのクラスター感染が確認されました」
という話をしていたら、

「怖いな。どんどん増えていくのかな」

と受け取るのではなく、

「怖いけど、自分はそういったところには行ってないから多分大丈夫。でも、油断しないで、クラスター感染が出そうな場所には、より気を付けよう」

のように、冷静に事実と情報を組み合わせ自分の不安に対する回答を持っていることが大切なのだと思います。

スピリチュアルな話を置いておいても、ネガティブなことに寄るストレスは、人の免疫力を下げてしまうものです。
情報を冷静に捌きながら、しっかり対策をし、落ち着いて過ごしていきましょう。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました