「プーと大人になった僕」には、忘れていたものを思い出させてくれる言葉たちが溢れている

ちょっと前になるのですが、映画館で「プーと大人になった僕」を観ました。ディズニーは結構好きな方なのですが、ただ実写化されるということでどういった形になるのか正直不安もあり。それでも、元々プーさんは好きなので、是非ともと思い足を運んできました。


観た後の感想は、とにかくイーヨーがいい意味で大人っぽいというか、世間に順応しているというか。それが本当によかったですね。
具体的にどこら辺がというのは是非とも映画を観て確認して頂きたいな、と思うため詳細は書きませんが、大人になったクリストファー・ロビンとの出会いの場面は特に私が好きな場面で劇場でニヤニヤしてしまいました。
あと各シーン各シーン、大体イーヨーが落ちをつけるというか、笑いに運んでくれるのでとても印象に残りやすく、映画の帰りにはディズニーストアに行ってイーヨーのぬいぐるみを買おうと悩むぐらいこの作品で好きになりました。

この作品には、本当に沢山のメッセージが詰め込まれております。
子供の時には柔軟に考えられていたことが、大人になって考えられなくなってしまうこと。
何か困難に遭遇した時に、過度な無理をして立ち向かう必要はないということなど…何か毎日が生きづらくなってきた人に対して、とても響くメッセージがたくさんあると思います。
作中、『「何もしないこと」を行う』ということが出てくるのですが、非常にその意味が深いですし、何もしない結果どういうことが産み出させるかということも注目してみるとよいと思います。

実際に私はこの作品を観て「最近頑張りすぎかなぁ」と考えてみたり、本当に大切なものは何かな、と考えてみたり。
ストーリー自体は心が温まるものなのですが、ただそれだけではなく、人々に立ち止まる瞬間を与えてくれる…とにかくお忙しい日々を過ごしている方にお勧めできる作品だなと思いました。
また忘れたころに、もう一回みたいな、と。

それにしても…プーさんはなんでハチミツがあんなに好きなのだろうか…

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました