ポジティブ思考が全てを解決する…わけない

スポンサーリンク

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」



「引き寄せの法則」を案内しながら、自分でちょっと「あれ?」と感じたことがありまして。
「楽観的であれば、やらなきゃいけないことをサボっていても、引き寄せの法則の効果で幸せになれるか」という質問について、きちんと答えられているか多少不安になったのです。


最近、お悩み事の中で、
「彼が働かない。パチンコやドライブばっかりやっている。勧められた仕事も、自分に合わないという理由で断っていて困っている」
というのを見かけたんです。これは依頼として頂いた、というよりはSNSで流れてきた感じなんですよね。

さらに、その相談者さん曰く、『彼は、「なるようになる」と話をしていて、楽観的に考えてれば上手くいくと思っている」という話も載っていたんです。


これを見て私は「ううーん」と、うなってしまいました。
というのは、この相談者さんの彼氏さんは、見事に「引き寄せの法則」のことを言っているではないか、と思ったからです。

でも実際は、これだとこれから上手くいかないのではないのかな…と私は感じました。何故なら、この世の中は「引き寄せの法則」だけでは成立しないから。
「正負の法則(代償の法則)」という法則も関係しているから、という理由です。


ただ、ちょっとゾッとしたんですよね。
世の中には「引き寄せの法則」以外にも「前向きであることの大切さ」を説いている本がたくさんありますし、有名な方々がポジティブ思考について広めているシーンも結構あります。

「ポジティブ思考・前向きであること“だけ”」を大切にされても、きっとうまくいかない訳でして。
そこは発信者として、改めて強調していかないと、と思った次第です。

どうしても、ブログなどの記事は言いたいことを端的にまとめるために、話が単一的になりがちです。ご来訪頂いている全ての方が、私のブログの全てを読んでいるなら良いのですが、もちろんそうじゃないこともあります。

ですから、何の話でもそうですが、「これだけやれば絶対大丈夫」というニュアンスに感じられる記事は書かないようにしないとな、と思った次第です。実際には幸せになるためには、複数の要因がある訳で。
さらに、みんな違った人生を歩んでいるのですから「絶対に幸せになる行動」というのは、ないと思うのです。

これからも沢山、このブログで様々なことを発信していくと思いますが、受け取り手がどう思うかについては、考えて発信しないとな、と感じました。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました