生きる目的ってなんだろう

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」



よく聞かれる質問の中の一つに「生きる目的って何でしょう」というのがあります。
私はその場その場で表現こそ変えておりますが、その答えは簡単に言うと「レベルアップすること」なんだとお話ししています。

詳しくご説明していきましょう。
ここに魂があるとして。この魂というものは、高位な存在になるべく、何度も輪廻転生し、その各々の人生におけるカルマを解決して、さらに高位になろうとするため、人は生まれてくるのです。
この世界観は仏教の考え方が強く反映されております。
これでわかる方がいたらすごいです。自分で書いていても若干訳わかりません…
(わざと難しく分かりにくく書いてみました。それっぽく見えるかなと。時にはこう、かっこいいことを言いたくなる時があるのです、あ、石は投げないで)


それでは、分かりやすく説明をしていきましょう。
「魂」というのがあります。これは一般に言われる「命」とは違って、生まれてからも死んでからも共通してあるものです。
その魂は将来的に神様とか仏様の近くにいく、という目的があるんですね。

ただ、そのためには、その魂のレベルを上げていかなくてはならない。
神様のお側に居られるぐらい、成長しなくてはならないんです。それでは、どうやってレベル上げをするのか、というとですが、それは生まれた世界でいろんな課題をクリアしていくことで可能になっていくんです。

  • 「全ての生命に優しくすること」
  • 「他を傷つけないこと」
  • 「自分も大切にすること」

などなと、いろんな課題があり、それぞれ取り組んでいくんです。課題に挑戦するために、魂は地上に降り立ってきます。そのときに、命と肉体を得て生まれてくるのです。
例えば、「この人生は、他を傷つけない、という課題に挑戦する為に生まれてこよう」とか、思いながら。
そういった目的を持って生まれるのだから、人生には必ず大きなテーマがあるのです。
そのテーマをクリアする為に、何度も挑み続けることとなります。


時々、同じ問題ばかりぶつかってしまう人を見かけることはございませんか。
「ダメな男ばかり引き寄せてしまう」とか「お金に苦労することはないのだけど、貯まることもない」とか。
このような「人生の中で繰り返される問題」というのは、その方が「生まれる時に選んだ課題」だったりするのです。

生まれ持ってきた課題をクリアすることができたら、人は死にます。
そして「あの世」で命と肉体から分離され、魂は次のテーマを探し、見つかったらまた新しい人生を送るため生まれてくるのです。「今度は自分を大切にすることを学ぼう」などと思いながら。生きている間に、持ってきた課題がクリアできなかった場合は、今度はヒントなどを貰いながら(前世の記憶や、教訓)もう一度同じ課題を持って生まれてきます。
そうやって、魂を磨いていくのが目的で、その為の人生なのです。


大体、自分の生きる目的を見失っている方は、自分の喜びとかを見失っており、他人からの影響を強く生きて日々を過ごしているように思えます。
しかし、上記のようなことから、他人のことを気にする方はそんなに気にし過ぎなくていいんだということを皆様にお伝えしたいと思います。
もちろん、わがままはよくないと思いますが、気にし過ぎる必要もないんだと思います。
生まれ持ってきた課題は違うのだし、生まれ変わってる回数も違うのですから。
まずは、自分を見つめて生きること。それが大切なんだと思います。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました