多くの人が自分でスピリチュアルな体験をする世界をどう作るかを考え中

最近考えていることを少し文字に起こそうと思いまして、今回の記事を書かせて頂きました。自分の頭の中の整理を含めてですね。


自分の仕事や活動の最終目標などを改めて考えておりまして。

もちろん仕事として維持していくことは当然なのですけど、できれば、スピリチュアルというものを広めていきたいと思っているんですね。それで、この広めるっていうことが「知ってもらう」ということではなく、「理解して日常生活に使って頂く」というものをゴールにしようかと。

今書店などに行くと、スピリチュアルな生き方を説明している本は沢山売っているのですけど、「ではそういったことに興味が出た人が、発信する側や究める側に回るときにどうしたらいいか」があまり提示されていないと思っているんです。もちろん、ワークショップを開いたり、講座を開いていらっしゃる方もいるのですけど、地域が限定されていたり、条件が厳しかったり。そういった理由で、スピリチュアルな世界に深く入ることを躊躇なさっている方が多いわけでして。


特に思うのが、既にスピリチュアルなことが出来ている、もしくは、それっぽいことが出来ているのにも関わらず、それが本当にできているか確認できる場がないことなのですよね。スピリチュアルな人として生きることを始めておりながら、交流がなく、孤独な戦いを始めるという。

最近、整体を通してヒーリングをなさっている方とお会いしてお話をしたのです。その方曰く「何もスピリチュアルな世界自体は分かっていない、ただエネルギーが流れるだけなんです」って仰られていたんですよね。でも実際にお話をしてみれば、いろんなことの知識はございますし、体系付けられたお考えもお持ちでして。

だから、確認する場がないだけで、きちんと様々なことを体得なされているという事実に気づいてなかった、という状態だったのですよ。


それで考え中、という段階からまだ脱していないのですけど、できればそういった確認の場が出来たらいいなと思いまして。お互いに宣伝などをするのではなく、お互いの悩みを話し合ったり、解決したりする場というか。海外ではそういうのを「ミステリーサークル」と呼んでいるらしいのですけど、そういったものを作れないかなって思ってます。あと、私でよければ私の技術を人に譲渡したい・教えたいと思っているので、そういった場もまた別に設けたいなって。

よかったら、問い合わせとか、コメントとかで反応貰えると嬉しいです。参加してくれる人、興味がある人がいればすぐにでもその人たちの為に動きだしたいと思っておりますので。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました