対面

スポンサーリンク

所謂「ブログ記事」ではなく、頭に浮かんだ“言葉”や“想い”をそのまま記す
それが、カテゴリー:「ことば」


君は笑う。
「笑顔を見せたい」という意志と共に。

口元が不自然で、無理をしているのだろう。
それでも、君は笑おうとしている。

「暗い顔をしていると、場が冷めるから」
そんなことを言う。
それもまた、ぎごちないと思う。

「何か辛いのよね。だけど何が辛いのか分からないの」
ちょっと困ったように君は言う。




「それは………だからだよ」
僕は言う。




君は、顔を歪める。
笑顔が、いびつになっていく。

笑っているような、悲しんでいるような。
でも、それは確実に涙に近づいていく。

「どうして」
君は、足元を見ながらつぶやく。
「見ないようにしていたのに。気のせいだと思っていたのに」

「ひどい人ね」
今度は僕を見つめて君はいう。
「でもありがとう」

「ちょっと楽になった」
「探してくれてありがとう。忘れていたことを」

君は笑う。
少し恥ずかしそうに。顔をしわくちゃにしながら。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました