女子バレー日本代表を応援するためテレビに噛り付く

女子バレー日本代表の試合がここ連日放送されておりますね。

実は私は中学・高校とバレー部に所属していたため、とても楽しく毎日を過ごしており、テレビに噛り付いております。

8年ぶりのメダル獲得に向かって現在予選ラウンドを戦っておりますが、海外の強いチームに負けず、良い成績を残せたらいいなぁと思って観戦しております。

今のバレーは昔と比べると(といっても20年近く前の話が主ですが)、より試合展開が早く進むようになりました。
以前は15点先取で、かつ、サーブ権を得た状態で有効なプレーをすることで得点を得ることができたものです。

現在は25点先取にはなりましたが、どんな状態でも有効なプレーを行った場合に得点になる「ラリーポイント制」を採用しております。
そのため、一つのプレーが得点に直結するため「逆転」や「勢いに乗った時の連続得点が起きやすい」など、非常にスピーディな展開になっていると思います。

また、以前はサーブを打った時にネットに触れてしまった瞬間そのプレーは失敗と見なされておりましたが、現在はネットに触れても相手コートに入ればサーブ成功とみなされる「ネットインサーブ」もあります。
サービスエースの機会が増えたため、より流れを変えるようなプレーが生まれやすくなったように感じます。

さらに、サッカーのワールドカップでも頻繁に登場したビデオ判定がバレーボールの世界でも採用されており、取られたと思った点数がビデオ判定によって覆り、展開が変わるということも増えました。

要するに今のバレーボール、展開が変わりやすいため流れを掴むことが非常に大事になっているな、と見ていて感じております。

点数を決めたときに、円陣を組み、みんなで喜び合う姿が目立ちますが、とにかく雰囲気作りというのはとても大切だなと感じます。
こう、勢いというか、流れというか、上手く掴み取って欲しいですね。

今回の大会は日本で行われるため、そういった意味では非常に日本が優位に戦える環境にありますので、いろいろ期待したいところであります。

普段から明るくあることの大切さや、自分の夢を叶えるためには、夢を叶えられる状態(あたかも、既に夢がかなったような状態)で振る舞うことの大切さを伝えておりますが、このバレーボールでも日本代表が明るく、常に勝利の笑顔に包まれるよう、笑い続けていて欲しいなと思っております。

微力ながら、遠くから私も応援をしていきたいと思います。

頑張れ!ニッポン!

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました