清き光と志を隠れ蓑に

清き光が溢れてきている

物を飲み込むかのような

大きくて強い清らかな光

 

名目と言う名の旗を振る

高き志を胸に

いざ行かんとする人がいる

 

それらの元で欲を満たそうと

笑顔で語りかけてる声がある

聖人よろしく振る舞うけど

その闇は清き光でさえも消しきれない

 

「清き光の名の下に、遂行なる目的のために」

謳えば全てが聖人に

謳えば全てが正しさに

なる訳じゃない、そうじゃない

 

正しさとは何か

清らかさとは何か

 

清き光と志を

背負う姿を見極めて

惑わす言葉に引かれぬよう

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました