10代から20代前半の人へ、多くの人が教えてくれないこと(同年代の子供に教えてあげて欲しいこと)

[paid]

こんばんは、彗光でございます。今日は、「10代から20代前半の人」へ向けた文章を書いていきます。
同じ年代の子供がいらっしゃる方がおられましたら、「教育のヒント」という点でお読みいただけたら幸いです。

この記事の内容というのは、私が同じ時期に聞きたかったことでもあります。
それでは書いていきますね。

自分が大人になって働き始めるまでの筋道を知っていますか

私が高校生だったころは勉強が好きで、遅くまで参考書を見たり、問題集を解いたりして大学を目指していたものでした。
当時の私は「まあまあ有名な大学に行って、きちんとした成績を残せばどこかかしら、良い就職先があるだろう」、
と考えていたものです。

この文章を読んでいる皆さんも同じように考えていませんか?
「4年生の大学にいけば、何処か就職が決まる。就職口が少ないとは言われているけど、それは大学に入ってから考えよう」と。

でも、実際はそうすると非常に辛い思いをします。
何故なら「大学に入った時点で『その職業になる』と決めていないと、なりにくい職業が沢山あるから」です。

例えば、「臨床心理士」。職業で言えば「心理カウンセラー」といった方がいいでしょう。
この「臨床心理士」というのは、ただ試験を受ければいいのではなく「指定された大学院」で学ぶことを条件に、
試験資格を得ることができます(ちょっと大雑把な書き方ですが)。

このように、「自分がなりたい職業」について「大学に入ってから考え始めたら既に遅かった」ということが往々にしてあります。
大学に入る必要がない場合でも、専門学校でも高校卒業であっても…とにかく、結構早い段階で、
「なりたい職業に向かって動き出さないといけないケース」というものが沢山あるわけです。

皆さんは今からどういった毎日を積み重ねて「自分がなりたい職業に就職するか」イメージがついていますか?
「取り合えず、その時になってから考えよう」という考えだと、後々めんどくさいことが沢山あるので気をつけて下さいね。

まだ将来何をやるか決まっていない人へ

「私は将来何をするか決めていないし、正直『ノリ』で適当に就職しようと思うわ」と考えている方もいるでしょう。

確かにそれもいいことだと思います。
社会が変わることによって、「資格」など一部を除いた…例えば「給与」や「忙しさ」も変わるということもありますので。

分かりやすい話で言えば、今の「コロナ禍」がありますよね。
この影響によって沢山の「職業」が、変化を余儀なくされました。こういった大きな変化というのは、時々起こるものです。
でも、「変化は訪れるまで分からない」ので、未来のことを考慮して職業を決めるのは難しいですよね。

長くなりましたが、「将来その場で職業を考える」というのも良いことだと思いますよ。

将来どんな人間になりたいかは、イメージがついていますか

では、職業が決まっていないとして、将来どういう大人になりたいか「イメージ」はついていますか。

「将来は…とにかく独り暮らししたいなぁ。彼氏も欲しいし、いつか結婚できたらとは思う」
「どんな職業でもいいけど、ブラック企業だけは嫌!あと、フリーターはいいけど、金銭面苦しいのは嫌!」

といった様々な「思い」があると思います。

さて、ちょっと不思議な質問をしますが、こういった「自分の目標の大人になる」ために何をすればいいかご存知ですか?

「え、お金を貯めれば独り暮らし出来るんじゃない?あと、多分適当に暮らしていても一人ぐらいはいい人がいるはず…」
「『ブラック企業リスト』に書いてない企業だったらダイジョブっしょ?フリーターとかならすぐ辞めれるし」

ちょっと不安になったりしますよね…考えたことも無い人が多いと思います。

例えばの話ですが、

  • 「20代で一人暮らしをしている人」はどんな人が多いかご存知ですか?
  • 結婚している人は、どんな言葉遣いをしているか知っていますか?
  • 「ブラック企業」に入っている人の特徴って分かります?
  • フリーターで満足にお金を稼ぐ方法ってあると思いますか?

といった、「自分がなりたい姿」に対する細かい特徴を皆さんはイメージできるでしょうか。

自分の「将来なりたい人」になるために、「具体的に」どう成長していけばいいのかを知ることは大切です。
「就職」という面だけではなく、「どういった大人」になりたいかというイメージに対して今から準備するということですね。

例えば「20代で一人暮らしをしている人」については、その本人の収入も関係しますが、両親の収入も関係していきます。
両親の収入が低くても一人暮らしをするためには「自分の収入を安定させる」のが良いでしょう。

では、自分の収入を安定させるにはどうするのがいいのでしょうか?
それには、ある程度「安定しており高給な仕事」が必要でして…

といったように、「目指す将来像」を考えていくと「今自分がやらないといけないこと」というのが見えてきます。

こういった準備を10代から「コツコツ」進めていくと、20歳になるころには周りとの差が出てきます。
20歳を過ぎて目標を定めたとしても、「これからの自分像を作ること」は非常に大切です。
どちらにしろ自分の将来のイメージができていれば「自分は将来こうなる。その道を進んでいる」という自信が出てくるので、
必要以上に不安になることが少なくなり、目的をもって毎日を過ごすことができるようになってきます。

今まで「金銭」「就職」について主に書いてきましたが、「習慣」についても同じです。

  • 貧しい家庭ではなく子供を育てたい。また、離婚もしなくない
  • 「性格」でも「容姿」でも美しい人になりたい

こういった「自分のなりたい姿」に対してどのように毎日を過ごしていけばいいのでしょうか。

離婚の原因の一つに「予期しない子供の出産」があります。
そうならないためには、「性の乱れ」を今からコントロールすることが大切です。

「性格」の美しさを得るためには、「言葉づかい」や「礼儀」が大切になってきます。
「容姿」の美しさを得るためには、スタイルの面で「10代での運動習慣」が効果的だと言われております。

まとめると、なんであれ今から「将来のなりたい自分」に向かって出来ることがあるということです。
曖昧な表現でもいいので、「なりたい自分の大人像」というのをじっくり考えてみるといいと思いますよ。

今「やりたくないこと」をやる意味を考える

さて、今皆さんは「やりたくないこと」を多く行っているのではないでしょうか。

  • 夜遅くまで起きて、Apexのランクマッチを回したい!
  • ツイステで推しを育てたい!
  • カラオケに行って新しく入った曲を練習したい!

例えばこういった沢山の「やりたいこと」を我慢して、勉強したり、早寝早起きをしたりしていると思います。
その中には「自分がやる意味を感じないものも沢山ある」のではないでしょうか。

でももし「今あなたがやっている『嫌なこと』が、なりたい自分に近づくための一歩なんだよ」と言われたらどうしますか?
ちょっとだけ「頑張って続けよう」と思うようにならないでしょうか。

以下はあくまで例ですが、

  • 「沢山稼げる職業」についている人の多くが、「早寝・早起き」を習慣にしていたら、少しやろうと思いませんか?
  • Instagramで有名なインフルエンサーが「丁寧な言葉」を使おうとしていたら、真似しよう思いませんか?
  • 新記録を更新した有名選手が「毎日努力」をしていたら、自分も何かを磨こうと思いませんか?

「自分が将来輝くため」に必要だと分かれば、毎日の嫌なこともそこまで「嫌だ」と感じなくなるでしょうし、
無駄なことをやっていると思わなくなると思います。

そういった自分の「意識」を変えるために、今から「自分がどういった大人になりたい」か是非とも考えてみて下さいね。
そして「自分が目指している人たち」が「どういったものを大切にしているのか」を調べてみて下さい。

今の時代、Twitterやブログ、Instagramなど沢山のSNSがあります。
自分が目標としている人が、何を「意識しているか」をそういったメディアから知ることができます。

「目標としている人」を複数人探して、それぞれの行動を照らし合わせていくと「共通点」が見えてくるはずです。
その「共通点」を自分に取り入れていけば、きっとあなたも「自分が目標とする」人になれると思います。

ですので、今日から「自分の将来なりたい姿」を探してみて下さい。
あとで、
「もう少し早く『自分のなりたい姿』を探せばよかった」
「さぼらないで継続して習慣化していればよかった」
とならないように…

そして、「なりたい自分」になれるように、「一歩」を歩み始めて下さいね。

ちょっとだけ難しい話

皆さんは、歴史上沢山の人が「幸せ」について考えて、沢山「本」を出してきたのを知っていますか。

「サミュエル・スマイルズさん」という方は「自助論」という本をお出しになられ、
「今まで成功した来た人がどういうことをしてきたか」をまとめました。
また様々な人が「幸福論」という本を出し、多くの人の行動から「幸せってなんだろうか?」ということをまとめたりもしました。

流石に「この方々の本を読んで、本の通りに生きて!」という話はしませんが、
昔から「成功している人を真似る」ということは、日常的に行われていたことを知って欲しいなと思いまして。

不思議とですね、「上手くいっている人」だったり「何かの集団に所属する人」というのは、共通項を持っていたりするんです。
それが「何故だろう?」と考えるのも素敵なのですけど、難しく思える場合は「とにかく真似してみて」下さいね。

ちょっとだけ厳しいことを書きますと「何も将来に備えないで大人になる」と、「自分が望む姿にはなれない」と思います。
この事実はすごい大切なものだと私は思うのですが、じっくり教えてくれる人が少ないのが現実だと思います。

きっと、この記事を読んでいる皆さんも早い段階から「自分が目指している人を意識して生活すれば」、同じような姿に変わっていけると思います。
皆さんの素晴らしい未来を、心から祈っていますね。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました