私のプレイリスト(邦楽版)

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


こんばんは、彗光でございます。
今日は私が普段聴いている音楽の「プレイリスト」の一部紹介させて頂こうと思います。
私は「しんどいな」と思った時や、気持ちが折れそうなときには音楽からパワーを貰うので、その源のご紹介です。

10曲以上登録しているのですが、その中でも印象が深いものを書いていきます。
今日は邦楽中心に書いていきますね。

With you – MY FIRST STORY

有名な歌手の「森 進一さん」の息子さんである、Hiroさんを含むロックバンド、「MY FIRST STORY」より、
「With You」です。

頑張ってもうまくいかない…どうしても心が折れそうなときがある。
そんな時でも、その「心」を強く応援してくれる…そんな曲が「With You」です。
ボーカルのとても力強くまっすぐな声に、いつも励まされております。

障碍をお持ちの方に対して、ライブでこの曲を歌い上げる姿を拝見したのですが、感動して何度も泣きました。
「生きて欲しい」「そばにいて(存在として)ほしい」という言葉は、本当に胸が震えます。

自分が辛い時には、こういう「まっすぐなメッセージ」が心に響きますね。

ジターバグ – ELLEGARDEN

「ELLEGARDEN」は、「SpaceSonic」という曲を皮切りに有名になったロックバンドです。

私は昔からコピーバンドをずっとやっているんですが、
正直なところ「ELLEGARDEN」の曲はそこまで難しい技巧を必要としないと感じております。
だからこそ、洗練されたメロディとメッセージが響くのだと思います。

「ジターバグ」は曲を作られたボーカルの細見さんが、聴いている人に対して「いつか闇を抜けるように」という、
深い願いを込めて作った曲なのだと思います。
他にも物語のような、きらきらとした曲を作られているので是非とも聴いてみてください。

ミュージック – サカナクション

「サカナクション」はロックバンドの編成を取っていますが、昔のテクノであったり、ディスコと呼ばれる要素を入れた、
楽器演奏と打ち込みの良さを兼ね合わせたバンドです。

今回紹介する「ミュージック」は、どちらかというと「打ち込み」の要素が強い曲です。
ダンスミュージックのような軽快なリズムで、同じフレーズを繰り返すことで没頭感を増しています。

ボーカルの山口さんの声が、最後のセクションを強く歌い上げます。
「何かをすること」を勧めるのではなく、「自分は君を感じながら、こういうことをするんだ」という、
そのままの山口さんが今、近くにいることを教えてくれる歌です。

シルエット – KANA-BOON

今回最後に紹介するのは「KANA-BOON」のシルエットです。
こちらの日本のロックバンドですが、アニメ「ナルト-疾風伝-」とのタイアップで有名になった曲です。

個人的な解釈なので間違っているかもしれませんが、これはアニメ「ナルト」の中の主人公ではなく、
そのライバルで、時には敵対をする「サスケ」という少年をイメージしたのかなと思いました。

彼は、自分の目標である「復讐」を果たすために主人公たちに刃を向けるのですが、
この曲を聴くと、もしかしたら「木の葉のように憂うことなく」過ごしたかったのかもしれませんね。

自分が成長する中で、いろんな葛藤や「大人になる」ことで忘れていくものを歌い、
その一方で「変わらず、大切なことがあること」を教えてくれる曲です。
そして、自分が変わりゆく中でも「そばにいる(心の中でも)」存在の大切さを歌っている曲でもあります。

さいごに

自分で書いていて思ったのですが、今回は日本の「ロックバンド」ばかりになってしまいました。
でも、私は「ロックバンドが好き」というよりは、「強いメッセージや熱量」を持っている曲が好きでして。

今回紹介した曲は、激しさの中で「人が忘れてはならぬ大切なこと」を強く歌っていたり、
「今そばにいる存在」の大切さや、「生きていることの素晴らしさ」を語る歌を多く残しています。

もし、自分が打ちひしがれて泣きそうになったり、倒れそうになった時には是非ともこういった曲を聴いてみて下さい。
きっと、曲の熱いエネルギーが、あなたを救ってくれると私は信じているので。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました