小林麻耶さんのスピリチュアル関連報道に言いたいこと。

スポンサーリンク

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


ごめん、今回の記事は敬語でまとめることができそうな心境ではないので、話し言葉でまとめたいと思います。

正直伝えたいことの、何割が伝わるのかっていうのは分からないけど、
スピリチュアルな世界という中で生きてきた人間としては、この記事というのは非常に腹立たしい。

まず、この記事の中心となっている男性について、その能力がどういったものかというものは自分でも計り知れない。
だけど、スピリチュアルのセッションとして許されるものと許されないものがあると思う。
基本的に、何かの資格を得ていないと犯罪になる行為を「スピリチュアルだから」というわけで行使する、という考えに至るという意味がわからない。

そして、この記事についてだけど「スピリチュアル」という言葉を「怪しいもの」 という印象付けを強くする記事で、
真面目に「生きること」だったり「人の困難を助けたいと思うこと」を胸に秘めて活動している、
スピリチュアル関連の人のことを全く考えない記事だと思う。

なんでもいいけど、一言で言うならば「非常に腹立たしい」。

「スピリチュアル」もそうだけど、この文章の中には「整体」という言葉も出てきている。
まあ、長年「スピリチュアル」に関わっているから、「怪しい人間だ」って思われることはある程度確保しているけど、
一般的に「社会的地位」を得ている「整体」の分野の人まで汚す記事って、どういうことかと。

「宇宙パワー」だかなんだか知らないけど。
「洗脳」という言葉を使って、スピリチュアルに関わっている人が、まるであたかもそういうことができるかのように書いてあるのは誠に遺憾。
そもそも人のことをコントロールするためにそういった精神世界があるわけではないのに、
「スピリチュアル」という言葉を使うことによって、 関連付けをしたのは本当に意味が分からない。

こういう記事を書くときには、この人が具体的に何を信じているかっていうことだけ書けばいいもので、
「パワーストーン」とか「ヒーリング」とか、そういった真面目にその分野に取り組んでいる人に、害が出るような書き方をする必要はないと思う。

実際に、「人が幸せになるように」「できるだけ明瞭で納得して」と心に決めて活動している人が、
この記事を読んだ誰かに「あなたがやっていることは、洗脳とかに関係してるんですか」って質問をされるようなことを、
この記事を助長しているわけで。

「スピリチュアル」だけじゃなく、なんでもだけど。
その分野に関わっている人を、誤解させるような記事は、書かないで欲しいと思う。 

みんなだって、自分がやっていることが「所属しているグループ」によって勝手な印象で評価されることは嫌でしょ?

ただでさえ「霊感商法」っていう言葉があるぐらいに、社会的地位が低い「スピリチュアル」の人間を、叩き潰す行為だと思う。いい加減にしてほしい。

ただ現状「よくわからない理論」と、「観測できない効果」で 広まっているスピリチュアルというものはたくさんある。
だから、ここで私は「スピリチュアル」は怪しいものじゃないよ、と断言することはできない。
だって、本当の歴史のある、人に必要とされる「スピリチュアル」が仮に良いものだとしても、それとかけ離れたものが「現実に」存在しているから。

でもだからといって、こういう悪い話が出た時により印象を悪化させる方法で拡散することは本当にやめてほしいと思う。 

コメント  

タイトルとURLをコピーしました