同じことを繰り返すのは「運命」なのではなく…

こんにちは、彗光でございます。

「同じ事を繰り返してしまう。」もしくは、「同じ事が繰り返し訪れる。」
そんな時「あー、私、こういう運命なんだなー」とか「私はそういう星の人だから笑」と、言っている人が結構多いなと感じます。

実際、広い意味で考えれば確かに「そういう運命」という言葉で片づけられるのかもしれないけど、それは「変えることができない運命」ではない、と私は思います。
「変えることのできない困難」が運命として迎えられているのではなく、「乗り越えないといけない問題」としてやってきているというお話ですね。

昔、倉田真由美さんの「だめんずうぉ〜か〜」という漫画が流行って、その後「ダメな男の人ばかり付き合ってしまう人」を指し示す言葉として、漫画と関係なく「だめんずうぉ~か~」という言葉が流行ったことがありました。
これって別に「ダメな男の人ばかりを寄せ付けてしまう体質」というのを持ち合わせていたから、酷い男の人ばかりを集めていた…という訳ではないと思います。

「運命」とか「体質」とか、簡単に自分で変えることができないものがあるから、悪い男の人を集めてしまっていたのではなく、「悪い男の人を集めてしまう現実」から自分の未来を切り開くために、辛い時期が訪れていただけではないかって話ですね。
「悪い男の人」を集めてしまう人というのは、「自分を大切にしてくれない人を大切にしてしまう」ということだから、その学びとして「自分の価値を知り、自分を大切にすること」を覚える時期にあるのだ…ということが出来るのだと思います。

簡単にいえば「だめんずうぉ~か~」と呼ばれてしまう人は、もっと自分を大切にしなきゃならないということ。
そして、それは「運命」であったとしても「乗り越えて解決できることだ」ということなんですよね。

話を元に戻しますが「運命」というものは確かに「回避できないもの」として解釈されがちですけど、でも「克服が出来ない問題」ではないし、むしろ「克服しないといけない問題だから、必然的に自分に訪れる」のだと解釈した方がいいと思います。
その「自分が乗り越えなければいけない問題」というのが所謂「業(カルマ)」というものなのです。

こうやって書くと、人生の中には「解決しないといけない問題」が含まれておりめんどくさく感じるかもしれませんが、その先には必ず「乗り越えた後に訪れる幸せ」というのがあるものなので、そんなに暗く捉えなくても良いのではないかと思います。
確かに、実際に自分が「乗り越えないといけない問題」に対峙しているときにはしんどいものではありますが…でも、乗り越えられない問題が急に訪れることはないので、落ち着いて対処をすれば何とかなると思います。

ですので、「うわーまた同じ嫌なことがきたよー」と思う時があったら、「回避できない運命なんだ」と捉えるのではなく「今度こそこの問題を解決して、幸せを掴むぞ!」と思う方が良いかと思いますよ。
皆さんの「乗り越えたい問題」がすぐに解決できることを祈っています。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました