この仕事をやっていて嬉しい瞬間

私にとってスピリチュアルというのは日常である一方、これで毎日を生きていこうとする、仕事の側面ももちろんある訳でして。と、なると、題名に書いたような仕事をしている上で嬉しいこと、というものの一つに売れ行きが良くなることがあります。
お金が入ることは嬉しい…お金によって様々なことが出来るようになったり、毎日を生きていられるという安心感を得ることもできるので…やはり、売れ行きが良くなると、ホッとするような心境になります。

でも…やはりこの仕事を行っていて心から嬉しいと思えるのは、お客様が何か未来に対して、前向きな感触を得られた時だったりするかもしれません。
今日はヒーリングというか、チャクラ調整を一件行わさせて頂いたのですが、そのワーク中にお客様から「腰の痛みが抜けてきた」というお言葉を頂きました。詳しくは省きますが、これはチャクラの調整を行うことで第二チャクラ周辺のエネルギーがうまく回ってきた影響だと思うのですが、そういった言葉を頂けることって凄く嬉しかったりします。何度も鎮痛剤を飲んでいらっしゃるという話も聞いておりましたし、腰の痛みのせいで活動に支障が出るというお話も聞いていたので…ワークが終わった後に嬉しそうな声が聞けるのって、こういった仕事をやっていて良かったな、と感じる瞬間だったり、なんというか醍醐味だったりするなと思います。

そのお客様は結構長い期間、定期的にセッションを行わさせて頂いているのですけど、少しずつ症状が改善したり、とにかく元気になっていく姿を霊視的にも実際のお姿的にも感じられるようになって、何というか、この方の毎日に寄与できているのだなと感じると、幸せだなとまで思います。
冒頭に書いたようなお金の面についても嬉しいのですけど、人が幸せそうにしていることや、望む未来に対して歩めるようになっていく段階を応援できていることって他の仕事とは違い、すごい使命感とやりがいを感じるなって。

ストレートに「他人の為にありたい」という気持ちを仕事にすることができる、今のこのスピリチュアルガイダーという仕事…やっていて良かったなと感じた、今日この頃でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました