お金が増えればそれでいいと思っているでしょ。

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


今日は、書きたいことを書いてしまおうと思う。
最近、本当の「お金」の話をよく聞く。「生活をするために」とか「自分の欲しいものが」とかそういった話。

「自分が満たされた生活を過ごすこと」はとても大切だし、自分が生きていて楽しい、と感じることは何よりも大切だと思う。
ただ、だからといってお金だけを優先するのはダメだと思う。正直な話。
理由については、今までブログで書いてきたので今回は省略。
また改めて書こうと思うけど、今回は何を思っているかを中心に書くね。


「お金を稼ぐ」がために、人に害を与えている人が多すぎるんだよね。

誰かを叩いたり、笑いものにすることによってお金を稼ごうとしている人がまず一つ。
「~をやってみた」「~をしてみたらどうなるか試してみた」といったYouTube動画を見ていると、悲しくなるよね。
誰も傷をつけないで(仮に影響を与えるとしても、自分だけにしてほしい)作成している動画とかはいいけど、
ものを壊したりとか、何かドッキリを仕掛けるで人に迷惑をかけている動画が多くてげんなりする。

作っている人も、それで稼げているから…つまり応援している人が作っているわけで。価値観っていうのが、ねじ曲がっているなと思う。


あとは、毎日の仕事についても、考えることが多い。
遅刻をしたり、勤務態度が明らかに良くないのに、過剰な賃金を要求する人が増えてきていると思う。

何でも他人のせい。自分が選んだ仕事なのだから、責任をもって全うすればいい。
全うしないなら、文句をいう権利はない(仕事ができているかどうか、の話ではない)。
正直、「Give and Take」のGiveができずにTakeばかり望んでいる人が多すぎる。
「楽に富を得たい」という、要求が過剰すぎるのだ。


以上を踏まえて思うこととして。
最近、短絡的な話を聞くことが増えたよな、と思う。金銭が絡むと特に。
金になることだけ熱意をもって、金にならない、もしくは失っても金に関係ないことはケアしないって話が多い。

人の努力を馬鹿にしたり、人の熱意を奪ったり。金銭的に損をしなければ、それでいいのかなってね。
恨みを買うだけの人生を過ごしていれば、物事ってうまくいかないものなのだよ。
と、いう話をしても、響く人は少なくなってきていると思うんだよね。

せめてこの記事をここまで読んだ人は、お金だけの人生を過ごさないで欲しいと思う。
私の話を信じられないなら、成功哲学の本を読んでみて欲しい。
どの本も「人として大成すること」の大切さをうたっているから。それでも「お金だけ」を求める人生を過ごすなら、それでいいけど、責任はとれない。

もう一度見直して欲しい。自分が生きる意味を。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました