霊能者はつらいよ

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


ちゃ~ちゃらちゃらちゃら、ちゃっちゃらら~♪
こんにちは、彗光でございます。今日は適度に適当に読み飛ばして頂く記事です笑

タイトルと冒頭の「寅さんのテーマ」を書いたことで若干満足しております。

さて、霊能者としての「苦労」というか「つらいこと」について。
それは…まぁ、収入が安定しないとか、何処に行っても「怪しい人」として扱われるとか…いろいろありますが。

その中で、「一番」つらいことは何かと聞かれたら、
それは「未来を予測したのに、その言葉を信じてもらえず、聞いてきた人が悪い方向に行くこと」と私は答えます。

例えば「彼氏と別れるか…でも、腐れ縁とは分かっているけど、別れられなくて。どうすればいいですか?」
という、相談をされたとします。それに対して、
「中途半端な関係は、お互いのためになりません。何故なら、『愛』の意味が分からなくなるからです。」
というお話をしたとしましょう。

この時、ご相談なされた方が「実際に彼氏と別れるか別れないか」を選択する訳ですが、
「どう考えても良くない選択」をしそうになったときに、私達「霊能者」というのは「選択」を止める手段がないんです。
平成の有名な占い師さんよろしく、「あなた、このままじゃ不幸になるわよ」と言えればいいのですが…
そもそもそういった趣味はないので、大体は「上手くいかない方の選択を選ばれること」を黙って見ることになります。

もちろん、「今どういう選択をすることで、未来がどうなるか」といった説明は一通りします。
でも、不思議なことに「今まで説明してきた未来の話」を信じてきた人に限って最後の最後に、
「でも、(彗光)先生の言った通りに、必ずなるとは限りませんよね」
と、仰られるのですよね。

大体、そういう話は。
「人に支えられてきた恩恵」を感じ取っておらず、かつ「自分一人で生きてきた」という自信に満ち溢れてる人が陥りやすいんですよね。

「いつも彗光の話を信じろ」とは言いませんが。
「今まで話してきたことの、何を聞いていたんだろ?」と私が感じるような選択を取られると、悲しくなります。

さらに言うなら、私のアドバイスを無視して幸せになられるなら私も「ああ、今回のアドバイスは間違ってたんだな」
と、自省することができますが、大体後になって「どうすればいいですか?」と泣きつかれたり、
絶望している噂を聞くのが大半です。

そんな時…私の話を全く聞かないで、独自の選択をし、失敗した人に対して…
「ざまあみろ!」と思えれば気が楽なんですが、
実際のところ、本当に、ほんとーに、悲しいんですね。

自分の無力さも感じますし。自分が未来の予測を立てれても、意味がないと思いますし。
誰の力にも、なれないのじゃないかって自責します。

まあ…そんな時は、過去に貰った「ありがとう」を思い出して、「きっとやってることに意味はあるはず…」
と自分を震え立たせますが…

悲しいことには、変わりありません。

今日はそういった、個人的な「霊能者」としての「辛さ」を書いてみました。


コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました