「あばばばばば」と言おう

たまにはこんなタイトルの文章も良いでしょう。真面目すぎるのも疲れますからね!写真も今回は私が撮った近所の猫にしてみました。とても可愛かったですよ。

さて、今回の内容ですが。私はよく、何かがあったときに題名の言葉、「あばばばば」を言います。感嘆であったり、驚きであったり。いろんな時に使います。
この言葉は自分に嫌なことがあった時も使ったりします。「嫌なことがあった。多分原因は、アレのせい。でも人や物のせいにするのは嫌だし、愚痴を言うのも好きじゃないし。でも、胸のモヤモヤは晴れない…」と言う全ての複雑な想いの時に、全てまとめて「あばばばばば」となるのです。

これは真面目な話、魔法の言葉だったりします。モヤモヤを吹き飛ばしたいけど、人を責めるようなことは言いたくない…でも、負担が大きすぎて、なんとかしたい。そんな問題を一気に解決してくれます。

皆さんもこの言葉を使ってみようという話ではないのですが、耐えられない苦痛は吐き出すことが良いと思います。ただ、その時にネガティブになりすぎたり、怒りを爆発させすぎて自分の波動を落とすのは勿体ない。怒ったりネガティブになればなるほどに、同じようなことを起こしてしまうのですから。だから、出来るだけネガティブにならない方法で、一発で自分の思いをすっきりさせる方法があるといいのです。

私みたいに謎の言葉を口走るのもいい。何か他のことに昇華させてもいい。好きなことをして、楽しい気持ちで自分を溢れさせてもいい。こういった、「嫌なことに対するルーティン」は自分の運気をコントロールするのに非常に役立ちます。
「嫌なことがあった時は、濃いめのコーヒーを飲む。それが飲み終わったら、もう切り替える」とか、「かなしいときは一人カラオケに行く。大声で叫んで気持ちを吐き出す」とかでも良いかと思います。

もちろん、理想はそういったことをせずに感情をコントロールすることです。嫌なことや辛い気持ちになったら、それをコントロールして理解し、自分が辛いという状況を客観的に見て、分析してみるといった仏教的なアプローチなどできると良いと思います。

それでも辛い時は、無理に負のエネルギーを頑張って処理をしなくて良いと思います。頑張れば頑張るほどに、処理できないイライラや、前向きになれない自分にネガティブな感情になってしまいますから。

特にそういった方法をお持ちでない方がいたら、私の方法を試してみませんか。何も考えずに、口をぽっかりあげて、10秒ぐらい続ければいいのです。「あばばばばばばば…」魔法の言葉、おススメです。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました