仕事と生活のバランスを取ってね、と怒られる

スピリチュアル、霊能以外でも…ちょっとしたことを、「そのまま」に
それが、カテゴリー:「日々徒然」


こんばんは、彗光でございます。
最近、本当に日常が劇的に変化していて、しかもいい方向に進んでいて感謝の毎日です。

大体二日に一回はセッションというか、お話を聞いておりますし、霊能以外でも仕事を頼まれたりして本当に充実した毎日でして。
素敵な出会いもあって、自分が今までやってきたことがちょっとずつ形になってきているなぁと実感しつつ、正直幸せであふれていて、笑顔で過ごせています。

しかしながら、その分だけ時間が足りない…自分のホームページのデザインをいろいろ変えて、「よしやるぞ~」と思っていたときにこういった劇的な変化が訪れたので、ちょっと記事数が少なくなってきたなと思っています。
こうやって夜寝る前に記事を書いていますが…自分が使っているオラクルカードから、ほぼ毎日「仕事と家庭のバランスを取って!!」というメッセージを渡されるので、「はいすみません…」と従っています。

それでも自分が記事書きをしていないと、次の日に落ち着かないので、今日はこういったライトな内容を書いています。
と、いいつつ…今割り込みの仕事も同時にやったりと…確かに仕事をし過ぎな気はします…

なんでもバランスだよな、と思う最近

さて、時間があれば「毎日のみちしるべ」カテゴリーか、「すいこう いん まい まいんど」カテゴリーで書きたいと思っていることがありまして。
今日は先行して触りだけお伝えしようかと思います。

それは、何事もバランスだよなぁ、という話です。
人って、「両極端になってしまいがちなのだな」ということでもあります。

例えば、仕事に関しても「体調が悪くなるまで仕事をする」か、「何もしないでとにかくだらける」という両極端な人が多いな、と。

他には、「自分と、他人の幸せ」もバランスをきちんと取らないといけないものだと最近とても感じます。
「自分を優先するのがいいよ」という話をすると、なぜか他人に対して全く気を使わない人が出てきてしまったりとか。
だからといって「他人に優しくしようね」というと、自分のことが全く見えなくなったりとか…
そういった、極端な話が多いなと最近感じています。

例えば、「自分と他人の幸せのバランス」においての話ですが…
自分のことを優先しなければならないときでも、ちょっとでも他人を気遣えれば、気持ちを害さないと思うんですよね。
自分優先で「仕事を休む」にしても、周りの人に「今日は休ませてもらいます」と話をするとか(休むことは権利ですけど、例えば他人に迷惑がかかる場面では、一言あってもいいと思います)。
自分が集中するからといって、他人との時間を先延ばしにしたときに「待っていてくれてありがとうね」と一言、添えるとか。
そういった気遣いが大切だなって本当に思うんです。

もちろん、そういった気遣いすらできない時があるのは分かります。
ですが、やってみようと思えば、人のことを「思えるとき」って案外多いのではないかと思うのです。
そういった「感謝」を送ることは「正負の法則」でいう、他人に優しさを返すことに当てはまりますし、自分のためにもなるので積極的に意識した方がいいと思うのですが…

別に宣伝するわけではないですけど、この昨日の記事のことを考えてみても、自分を優先するときは「他人への感謝の気持ちを持つこと」も大事だなと思うんです。

しかしながら…結構ここら辺のメッセージって伝えるのが難しいんです。
状況によって「どう判断して、何を優先すべきか」ということが全然変わってくるからですね…だからブログで汎用的な話を書くよりは、まず悩んだら相談して欲しい、というのが正直なところです。

いつかきちんと掘り下げたいと思いますが…まず、今日はこれぐらいにしておきたいと思います。

本当に霊的な世界というのは興味深い

今更ではありますが…世界の仕組みというか、見えない因果というのは「本当に興味深いなぁ」と感じることがあります。

それは、上記のような「どうやってバランスを取ればいいか」といった、明確な答えがない事柄について考えるときによく感じるんですよね。
いろんな物事の結果というのは…本当に見えない世界の因果によって決まるのだなって実感することが多いためです。

それは…具体的に話すときりがないのですが…「人が幸せになれるかどうか」というのは、人の「行動」と「想い次第」なのだ、という現実を最近目の当たりにしているからです。
「今何があるか」、「どういった財産を持っているか」ということではなく、「今まで何をしてきたか」、「どういった感情を大切にしてきたか」というのが、本当に人生を導くのだなと。

最近、自分に流れがきて「良い流れを呼ぶ方法」というのを確立できてきたので、上記の件を踏まえてまた皆さんに改めて紹介をしていきたいと思います。

取り合えず、散らばった文章になりましたが、徒然とお伝えしました。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました