頭の中をワクワクした刺激で埋めるため、作品に触れよう

スピリチュアル、霊能以外でも…ちょっとしたことを、「そのまま」に
それが、カテゴリー:「日々徒然」


こんにちは、彗光でございます。
さて、久しぶりの日記的な記事でございます。

突然ですが皆さんは、仕事で嫌なことがあったりとか、人間関係で疲れたりした時はどのようにして乗り越えていますか。
私は最近はもっぱら「本」や「映像」に逃げるようにしています。

最近記事にしましたがこれからの時代、「正しい価値」を持って努力して生きていくことが大事になっていくと思います。

それで、「努力すること」は文字のそのままなんですけど、「正しい価値観を持つこと」はいろんな体験を通して初めて成し得られる部分もあるんですね。
ただまあ、今のご時世、何でもかんでも自由にやれるわけではないから、代わりに仮想体験する方法を模索していたわけでして。

それが、「本」だったり「映像」だったりする、ということです。
具体的には「読書する」とか「映画を観る」といったことなんですが、もう頭が疲れ果ててるときには「漫画を読む」とか「アニメを観る」になってたりします。

そうそう、上の記事内で紹介している本、「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?」の中にも同じようなことが書かれていたのですが、その中では「詩」を読むことも推奨しておりましたね。
私は「谷川俊太郎」さんぐらいしか詩人で浮かぶ人はいないのですが、それにしてもたまに読んでみると「詩」というものは本当にいいものですね…

不思議なんですよね。
「詩」を読むと遠くに生きる人を考えたり、いろんな世界を感じられたり…すごいなって思います。
私も恥ずかしながら「詩」と呼べないような散文を書くのですが、書くときはなんというか瞑想状態のような…様々な世界と繋がるような不思議さを感じます。

皆さんも、もしよかったら「詩」を書いてみたり、読んでみたりしてみて下さい…こう、世界の次元を跨ぐような不思議な感覚に触れることができますので。

さて、簡単ではありますが今日はここまで。
もし良かったら皆さんのおすすめ作品とか教えて下さいませ。
海外ドラマとかでもいいので(特に知識が乏しい)、いろんなおすすめを知りたいのです。
ただ、ホラーとかサスペンスとかはちょっと遠慮しておきます笑

「見えない世界」を感じられるのですが、ホラーはダメなんですよ…残酷系も悲しくなるのでダメなんです…

そこまでまだ雨の日は多くはなっていませんが、外に出れない時が多くても自分の頭をワクワクで日々埋めていきたいものですね。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました