嬉しかった返信

私が「伝える側」ではなく、「感じる側」として日常を記す
それが、カテゴリー:「すいこう いん まいまいんど」


前回、とあるきっかけから「過去に悩みをされたことがある人」にLINE送ってみたんだけれども、その返信でとても嬉しいものがあったからそのエピソードを紹介しようと思う。

個人の悩みが関連しているから、ちょっと詳細を話すことはできないんだけど、そこは了承いただけると嬉しい。

「大袈裟かもしれないですけど」

その方は長い間、「恋愛関係」でお悩みを持っている人で。

それで、今回「元気にしてますか」ってLINE 送ってみたんだけれども、その返信はちょっとまだ元気がないようだった感じだったんだよね。

でもね、近く友達と久しぶりにランチに行くことができるって話をしていて。
それがすごい楽しみだって言っていたんだよね。

それで、ちょっと時間が空いて。
その方から LINE が返ってきたのよ。

「ランチでは直接恋愛の悩みについて話すことはできなかった、 というかむしろ話さないようにしたんだけれども、すごく楽しかった」っていう内容が書いてあってね。
それを聞いてなんか、よかったなあって思ったのよ。

LINE にはこういう事も書いてあってさ。
「久しぶりに外に出かけるにあたって、きちんとしたおしゃれもして。そしたらなんか大袈裟かもしれないですけど、この世界っていうのが楽しいことにあふれているんだなってそう感じたんです。」

何て言うか…人って最悪な状態になるとさ、怒ったりとか悲しんだりできなくなるんだよね。
そういった「自分を傷つける感情」から自分を守るために、無反応になるのよ。

悲しいことも辛いことも感じない。けれども、 楽しいことも幸せなことも感じない。
ってなるんだよね。

また明日を生きたいと思う

今回返信くれた人はさ、そういった「何も感じない状態」から脱して。
ちょっと大げさな言い方になるけどさ、「世界を感じられるように」なったわけよね。

なんていうかさ、「人間らしい生き方」っていうものがまたできるようになったんだなって。
本当に嬉しかったのよ。

たださ、あんまり悪い点を話したいわけではないけど。
そうやっていろんなことに希望が持てるようになると、 もちろん「悲しいこと」とか「つらいこと」っていうのも目に入りようになるのね。
だからその人には、「つらいときには全然いつでも声かけて」って、そう伝えたの。
そしたら何か大きい嫌なことがあったとしても、手伝うことができるかなと思ってさ。

そうはいってもさ。
LINEの返信をくれた人は、「自分の感情」を感じられるような状態になってきててさ。
すごい、送られてくる「ひとつひとつの言葉」が、希望にあふれていることが分かったんだよね。

こう、明日を望むエネルギーというかさ。
スピリチュアル的に言うならば、波動が高まってるというか…少しずつエネルギーが動き始めてるというか。
とにかく送られてきた文章から「いい状態」になってきているなっていうことが感じられたんだよ。
だから、そこまで心配しなくていい気もするんだけどね。

君が生きる世界を私も生きたいと思う

そういったメッセージが送られてくるとさ、 なんとなく自分も頑張ろう…というか、そういった希望に溢れた毎日を過ごしたいなって思うよね。
なんというか、その方の「悪かった時」を知っているわけだからさ。
少しずつこう明るい未来に向かって変わっていく姿を見ているとさ、その人の言葉を借りるわけじゃないけれども、「この世界って楽しいとか幸せなことにあふれているんだな」って感じるんだよね。

その方がまたキラキラしていることだけでも、なんというか、見ていて幸せなんだよね。

そして自分も何かもっと「明日が来て欲しい」って思ったり、「毎日が幸せだな」って感じるような生き方をできたらなって思う。

正直私は結構生きることに対して無頓着でね。
何て言うか自分の人生も「人が幸せに生きるための実験台」だと思ってるぐらいだからさ。

でもさ、多分みんなが幸せに生きることができれば、もっと多くの人を幸せにできると思ったよね。
そのみんなの中の一人が自分なわけで。
だったら、自分も幸せにあって、楽しく過ごすことによって、他の人を幸せにできるんじゃないかなって改めて感じだよね。

何気なく送った LINE だったけれども、すごく素敵な返信が返ってきて。
「ようしやるぞ」って感じた日曜日の午後のことでした。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました