霊的にやってることを分かりやすく説明するって難しい。

スポンサーリンク

ふと調べたいことがあって、他のスピリチュアルカウンセラーとか、霊視とか、ヒーリングやっている方々のホームページをいろいろ見ていました。

その時に思ったんですけど、私も含めてスピリチュアルなことを商材にして仕事してる人のやってることって、本当に分かりづらい。パッとホームページを見ても、こう、釈然としないというか。

「霊能力を使って、〜を解決します」

この一文に限ってしまう。

でも、そういったことを求めてる人は、「何でスピリチュアルに関わると問題が解決するのかな」とか「インチキじゃない?」とか思うんだろうな、と一人考えてました。

まあ、「霊感商法」という言葉があるぐらい、この市場の商売は確実に「あやしい」と思われるものが多いのが実際です。

だから、「人の問題を解決します」とか「身体を回復します(でも、治療行為ではない)」とか書かれていたら、

「?????」

と、頭の上に浮かぶのが当然なんじゃないかなって。

いろんなルーツにも寄るけど、何をしているかはある程度説明できる筈なんですけど、それを説明してない人が多いんですよね。

それは「自分で何をやってるか分からない」っていう本末転倒な話もあるんだけど、「イメージ的なものがあって言葉にしづらい」というのもあるんだと思うんです。

だけど、やって貰うことが分からない状態で、スピリチュアルカウンセラーを選ぶというのは、悩みを持っててスピリチュアルな助けを得たいって人に対して親切じゃないなって思ったんです。

せめて

・何をルーツにしてるのか(霊能力、レイキ、エネルギーワーカー)

・問題に対してどう対応するのか(病気をよくするために、チャクラを外からエネルギー当てて通路を活性化するとか、誰からメッセージを得て解決策を探すのかetc)

とか、辺りは確実に書いた方がいいんじゃないのかなと思いました。自分もまだきちんと書けていないところがあるので、少しずつ拡充しないと。

本当は「カルマを消します」とか、「〜体質にします」とか、それらもどうしてその結果が得られるか書いて欲しいところですよね。多分ここら辺が曖昧なのが「インチキ臭い」って言われる理由なのかも。

ちなみに、私は

「業(カルマ)。生まれてきた時にみんな、自分がクリアしたい問題を持って産まれてくる」

「正負の法則。人が得ることのできる良いこと悪いことはプラスマイナスゼロである」

「守護霊は誰にもいる。前世の体験もある」

「人はエネルギーを持っていて、それが枯渇したり、身体を循環してる流れが悪くなると体調が悪くなる」

「憑依はある。亡くなった方、生きてる方、どちらも原因になり得る」

「エネルギーの出入口のチャクラは大切で、不調をそこからある程度治せる」

「引き寄せの法則。さらに人はイメージすることで作れるエネルギーがある」

などがルーツになってます。

それでも書いてて思うのですが、分かりにくいものですよね、困ったものです。

とにかく、少しでも分かりやすくなって、各々の必要な術師が見つかればいいなと思いました。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました