「お願いノート」のおはなし

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」


さて、最近は難しい話題が多かったので、今日はちょっとなライトな話をしていきましょう。

今日のお話は「お願いノート」について、です。自分の願いごとを叶えるのに、有効な方法です。


「お願いノート」は簡単なもので、自分の「お願い」をとにかく記載するノートです。
書き方としては、「ノートにお願い事をただひたすらに書いていく」という単純なものです。

出来れば、新しいノートを準備しましょう。
使い古しのノートだと、「空いているページ・ノートがあるから、何となく書いた」という感じが強くなります。
「これは、自分の願い事だけをまとめた、大切なノートだ」という気持ちを込めるためにも、ノートを買ってきましょう。

ノートを開いたら、最初に「お願いリスト」と書いて、日付を書きます。
そして、望む限りの「願い」をとにかく書きましょう。ただし、書くときに何個かルールがあります。

・その願いが叶って、自分が「いい気分」になるのが「明確」なものを書く
・願いを書くときは、叶うことを本気で信じて書くこと

この2つのルールを守るようにしましょう。


願い事を書くときに、
「この願い事を叶えないと、自分は…」と、叶えられなかったときのネガティブな気持ちを想起させるものは書かないようにしましょう。

もしくは、自分の思考を整理して「願い事を叶えられないとき」ではなく、「願い事が叶って幸せな気持ち」が想起できるようになってから書きましょう。

私の場合は…今回は「フェイマスのウクレレが欲しい」と書くこととします。
(願い事はひとつだけにする必要はありません。思うがままに書きましょう)

なお、フェイマスのウクレレとは、国産のウクレレブランドで、響きがとても心地よいウクレレです。
私は歌をうたうのが好きなのですが、手が小さくギターとピアノがそれほど上手くありません…それでちょっと前から「手が小さくても歌いながら弾ける楽器」を探していました。
ウクレレは沢山のメーカーがあるのですが、このフェイマスのウクレレは、音の広がりがよく、「気持ちいい」という言葉が相応しいウクレレです。

この願い事が叶った時にイメージできる映像は、
「心を込めて気持ち良く歌をウクレレに合わせて歌っている自分」です。
とても、心が晴れやかだと思います。

こういった、「叶ったら幸せだな」と思うものを書いていくのです。


この「お願いノート」を作ることによって、以下のようなことがプラスの効果が生まれます。

「自分が何を目指して生きているかを確認できる」
毎日が辛いことに溢れていたり、忙しかったりすると生きる意味を忘れてしまうことがあります。
自分が目指す先を改めて書くことで、自分のエネルギーが「向く方向」を改めて確認できます。

「負のエネルギーを正のエネルギーに転換することができる」
この「お願いノート」を作っているときは、きっと“わくわく”すると思います。
わくわくは、よいエネルギーをもたらしてくれるもので、より“わくわく”するものを引き付けてくれます。

「『欲しいもの』に意識を集中することができる」
人は、自分が意識を集中したものを、現実に引き起こすことができます(引き寄せの法則)。ただ、そのためには望むものに「意識を集中」させる必要があります。
頭の中で「お願い」を考えてもいいのですが、ことあることに他のことを考えがちです。そうならないために「書く」ことが大切なのです。


もちろん、この願い事を現実にするためには、日ごろの行いも大事です。
欲してばかりいるとエネルギーのバランスが崩れ、願いが叶わないだけではなく、自分から「モノ」が離れていってしまいます(正負の法則)。

ですので、欲しいものを望むときは、自分誰かに何かを渡してあげましょう。
それは「目に見えるもの」でもいいですし、優しさや愛といった「想い」でも構いません。
「渡す」ことにエネルギーが発生するので。

自粛期間や不安定な社会によって、「ないもの」に焦点が合わされがちですが、
このノートを作ることで、「得られるもの」にスイッチを切り替えてみて下さいね。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました