「奇跡」は「必然」?「偶然」?

スポンサーリンク

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」


突然ですが、「奇跡」というものを信じておりますか。
自分が想定しえなかったことが起こり、急激に状況が変化すること…難しく説明しようとすると、こんなところでしょうか。

スピリチュアルな分野では、目に見えないものを扱うため「奇跡」の話が良く出てきます。そのときにセットで、「必然」と「偶然」が出てくるような気がします。辞書を引くと、それぞれ、

「必然」:かならずそうなるに違いなく、それ以外にはありえないこと。
「偶然」:何の因果関係もなく、予期しないことが起こること。

と説明されております。では「奇跡」は「必然」なのでしょうか、「偶然」なのでしょうか。これも、様々な考えたがあるのですが、私の考えを述べさせて頂きます。

「奇跡」というのは、「必然」の部分と「偶然」の部分、両方があると思います。

「必然」の部分としては、「引き寄せの法則」や「正負の法則」により、自分の意識をコントロールしたり、他へ幸せを分け与えたりすることで、思いがけないことが起きる環境を作れる、という部分があるのではないかなと。

「偶然」の部分としては、思いがけないことが起きる環境を作っても、その“思いがけないこと”が起きる「時間」や「詳細」を指定することは」できない部分が該当すると思います。

ですので『「奇跡」に遭遇しようとしたときに、ただ待っていても奇跡は起こることはない。「奇跡」は起こるべき人の元に起こる』というのが、私の考えですね。

もしかしたら、皆様の元にも思いがけない、「奇跡」が近いタイミングで起きるかもしれません。その順番が回ってくるように、日ごろから意識して生活していきたいものですよね。うむうむ。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました