自分がつらい時でも、他人を否定「しか」しない人とは付き合わない方がいい。

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」


昔に比べて、自分のことしか考えられないというか…
「自己評価」のことしか考えられない人が増えてきている気がします。
自己の定めた価値観で人を判断し、その定規で「価値が低い」と思う人間を否定する…

そして、「自分は『定めた価値観』の中で偉い」と大声で言いふらす…そんなことが最近増えてきているな、と感じます。

今日は、そういった「自己保身」が増えてきている中で「どんな人と付き合うのがいいのか」と「自分が弱っているときに、人を求めてしまったらどうすればいいか」について書いていきます。

他人を否定することで、評価を上げたい人

冒頭の話に戻りますが、「価値観を押し付けて、他人を評価する行動」についてお話していきましょう。
否定的に書きましたが、その気持ちも分からないこともないのですよね。
いろんな価値観があるから、合わない人を「合わない」と言いたくなる気持ちは私も分かります。

でも、その反面「合わない人」を否定したところで、何にもならないのだよな、ということも思うんですよね。

恋愛で「~する女の人の気持ちが分からないし、気持ち悪いと思う」とか言っている男の人とか見たことありますけど、
そう思うのであれば、自分が合わない女性と「付き合わなければいい」だけであって。
無理に「自分が正しい、相手がおかしい」という内容で発言する必要がないのでは?と思います。

ただ、自分の意見を明確にすることは悪くはないと思います。
問題はそれを相手に「押し付けること」が問題な訳でして。無理に自分の価値観を相手に当てはめて「こちらが勝っている」ということを示そうとすることが問題だと思います。

他人に自分の価値観を見せて「他人の人生を良い方向に変えよう」というものならいいのですが、「自分は正しい、君は間違っている、以上!」という先のない話をするのは、ただの自己満足でしかないのです。

「自己評価」を上げる道具にならないようにしましょ

そういった、「大きな声で自分の考えを発言し、自分の価値を高めようとする人間」がいたら、とにかく寄らないのが一番です。

「大きな声の発言」に反対すれば、即座に攻撃してきますし、賛同すれば反対意見を持っている人間を攻撃するのに利用されたり、上手くいかない時に「仲間だから」という理由で依存してきます。

とにかく「大きな声の人」は自信がないんです。
だから、なんでもかんでも巻き込もうとする。そして、合わない人は一人で攻撃をされないように、早めに排除しようとする…

とにかく付き合わないほうがいいでしょう。

単に「私はこう思っている。あなたはこう思っている。それぞれの考えがあるよね」という「人というのはそれぞれの考えを持っている」という多様性を加味した話なら何も問題はないのですが、相手を否定「しか」しない人は、自分の考えを変える可能性を持たないので、話すだけ無駄なのだと思います。

でも、孤独なときには誰でもいいからって思うもの…

ただ、自分がつらかったり孤独なときというのは、誰か話し相手になって欲しいと思いますよね。
ちょっとぐらい過激な発言をするような人であっても、今はとにかく…誰かと話をしていたいと思う時が…

私も、スピリチュアルの道を志してから、「仲間が欲しい」と心から望んだことは何回もありますし、今も時々ふと思ってしまいます。
特に、思いがけない言葉に傷ついてしまったときとかは、誰か話し相手になって欲しいなと思います。
「スピリチュアルを信じている人は、統合失調症なのでは?」とか言われた時が過去にあったのですが、そのときは「誰か話を聞いて~」と心の中で叫んでいました。

つらいときには、新たな仲間が欲しくなるものです。

でも、誰かに助けを求めようとしているときは、まともな判断ができないものでして。
後々付き合うと悪い影響を受けそうな人からの、所謂「甘い言葉」にコロッと心がなびいてしまいがちです。

だからこそ、弱っているときには「安易に新しい関係を作らないように」することを意識しておきましょう。
具体的にいうならば、否定しかしない人ですらも「自分のことを思って否定してくれてる」と感じてしまう可能性があるわけです。

悲しいことですけど、その相手からの「否定」は「あなたのため」を思って言っているわけではなく、「否定している人の尊厳のため」に言っている可能性があるので、注意が必要なのです。

助けてくれる人は、今既に横にいる人かもしれない

自分が弱っているときに、誰かを頼りたいなら「既存の関係」から頼れる人を探してみましょう。

今も昔も付き合ってくれている人というのは、あなたに少なからず好意を持っているということです。
既に関係性も出来上がっているわけですから、何か相手が下心があって近付いてくることも少ないわけなので、弱った自分を相手の尊厳のために利用されることも少ないでしょう。

そういった「安心できる場所・人」の元で、まず自分の心が癒えるまでゆっくり過ごしましょう。
新しい仲間を探すのは、そのあとでも問題ないはずです。

まとめ

人を否定「しか」しない人とは、付き合わないこと。ただ、自己評価を上げたいだけの可能性があるから。
自分がつらいときには、否定しかしない人でさえも必要に感じられるのは分かるけど、将来の自分のためにグッとこらえよう。

新しい関係を作ったり否定しかしない人を頼らなくても、きっと今までの関係の中に自分を守ってくれる人がいるはず…そういった「今も昔も自分を大切にしてくれている人」を頼ろう。

と、いうお話でした。
溺れそうなときは藁をも掴みたくなりますが、それが棘だとその後自分が傷つく原因になりがちです。
将来の自分のためにも、頼る人は見極めましょうね。

コメント お気軽にどうぞ

タイトルとURLをコピーしました