困ったときに頼る、身近な霊能者さんの探し方

スポンサーリンク

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」



今回はちょっと不思議なテーマを取り上げていきます。
いろいろ悩みができてしまった時に、占いやスピリチュアルカウンセラーに頼ってみようかなと思う方もいらっしゃると思います。もちろん、私にご連絡を頂くというのもあると思いますが、「悩みは直接会ってお話をしたい方」で、かつ、「関東から遠い場所に住んでいらっしゃる方」ともいらっしゃると思うのですよね。

そんなとき、ご自身で相談相手をお探しになられると思うのですけど、どんな方にお願いするのがいいのか悩まれる方もいらっしゃるかと思います。今回は私が思う相談相手の選び方というのを取り上げてみます。でも、飽くまで私の観点なので参考までに。一番はご自身が納得した方にお願いするのが良いと思います、と最初にお伝えさせて頂きますね。


さて、おすすめの見分け方ですが、「日常的に霊界と繋がっている方かどうかを調べること」が挙げられると思います。最近は多くの方がtwitterとかブログなどで情報発信をなさっていると思うのですが、その中で日常的に瞑想を行っていたり、占いで物事を調べている方かに着目してみるのがよいかなと。

霊界と繋がる、というのは霊界に向かってパイプを繋げるようなものでして、定常的に行っている方のほうがそのパイプが太くなって多くのことを得られやすくなるのですよね。
よくスピリチュアルな世界ではそれを、「周波数を合わせる」というのですが、これは行えば行うほど進歩していくと思います。ですので、霊界と寄り添っている方とお話しできるといいのではないかなと思います。


かくいう私も、最近は霊界と繋がる時間を増やすようにしております。お恥ずかしながら、いつでも霊界と繋がることができるがゆえ、日常生活の中で繋がる時間をお座なりにしてきていたなと思いました。前に瞑想とスピリチュアルの関連性について考察を書きましたが、それ以降瞑想の時間を増やし、より深く霊界と関わるようにしております。結果として、得られることの質が全然違ってきておりまして、もっと霊界との交信を行わないとなと反省。

これからはもっと、そういった流れを感じていこうと思います。
困ったときに明るい道へと導いていくれる方が皆様に現れることをそっと願っておりますね。

コメント  

タイトルとURLをコピーしました