どうしても前向きなことを考えられない時に行うと良いこと

site-icon

スピリチュアルな立場から、時事問題、ちょっとした出来事を読み解く記事…
それが、カテゴリー:「毎日のみちしるべ」


六月となりましたね、こんにちは。
関東地方も梅雨入りとなり、これから雨の日が増えていくのではないかと思います。

連休があった5月と違い、6月は休みが少ないため、気持ち的にもしんどいですよね…
さて、今日はしんどい中、どうやって生きていくかという小話でもお話していきましょう。

書店をちょっと覗くと、「自己啓発の本」や、「生き方のヒントになるような本」が今多く発売されていますよね。

この世の中、気持ちがしんどくなるような「不条理なこと」が散見されるので、いろいろな悩みを持つ人が多くいるのかな…
そのため、このような本が増え、さらに手に取る人が多くなっているのかな、と考える今日この頃です。

何か他人事のような書き方をしてしまいましたが、私も人間、悩みを持つことがあります。
むしろ考え事をしやすい性格なので、結構何かを悩んでいたりします…

そして私も同じように「本に何かヒントはないかな?と思い、本を探り始めるのですが…
「前向きに、プラス思考に生きていきましょう」という話だけが書いてある本を読むと、「う~ん」とうなってしまいます。

分かるのです、「前向きな精神」が、「いろんな物事の捉え方」を変えることは。
でもそれでも、しんどいときは「とにかくしんどい」よなぁ、と思ってしまうんです。

「どうやって前向きになったらいいんだ!」と思うのですが、本には「少しのことにも感謝するようにしましょう」という言葉があり…

「それができたら、本なんか読んでないよ…」とため息をついてしまうんですよね…

小さな幸せに感謝できるぐらい、心に余裕があれば嘆くようなことはないですよね。
そんなことを思いながら本を読んだことが私は今まで何度もありました。

特に法人営業として日々を過ごしていた時は…

ええっと、一応そうはいっても、「前向きになることの大切さ」を普段教えているので、一応書いておきますが…

前向きな思考というか、自分な幸せな姿を脳裏に描いたり。
まるで幸せであるような振る舞いをすることは、さらなる幸せを呼びために非常に重要なことだったりします。

この「良い気分になれば、次の良い気分を呼び寄せることができる」というのは、「引き寄せの法則」という法則があるためなんですよね。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

しかしながら現実的な話に戻ってきますが…「前向きな考えを持てばいい!」といわれても、何も考えられない時ってありますよね…
そんなときに根性を出して前向きなことを思い浮かべようとしても、空虚になってしまうものです。

では、そんなときはどうすればいいのか…私が出した結論は「呼吸」を整えることでした。

正直、これもよく本に書いてあることだと思いますが、呼吸を整えながら行う「瞑想」や、「深呼吸」は実際今まで抜群の効果を出してきました、私の体験談として。

そしてそれは自分に対してだけではなく、勧めた他人も良い成果を出しておりました。
「ちょっと落ち着いた」とか、「なんか前向きなことを考えられるようになった」とか感想を貰ったんですよね。

ここで、「呼吸を整えることは素晴らしい」という話を、「スピリチュアル」抜きで説明していきたいと思います。

ネガティブ思考になっているときには、ストレスがかかっている場合がほとんどです。
そしてそれが過度になると自律神経が乱れ、首元が緊張し、さらにリラックスすることが出来ず。
いつでもストレスに耐えられるよう、身体が「戦闘態勢モード」のままになってしまいます。

この状態だと瞬発的にストレスなどの外刺激に反応すべく、警戒状態になり…呼吸が浅くなります。
そして、自分を傷つけるものを見逃さないため、よりセンシティブに「様々な刺激」に反応するように、体が変わってしまうのです。

この「ストレスが原因で、自分の体が戦闘態勢になってしまっていること」を解除しないことには、リラックスすることはできずポジティブな考えは浮かんできづらくなるのです。

「自分を攻撃するものが来ても大丈夫なように、厳戒態勢を取るぞ!前向きなこと?そんなことは考えず、これから起こりうる、ネガティブなことを先取りしてそれ以上傷つかないようにするぞ!」

となっているということです。
だから、自分でこうのような戦闘態勢を解いてあげることが大切なんですね。

それが、「深い呼吸」だったりします。
身体にゆっくり呼吸をして息を吐いてあげることで、「今は安心していいんだよ」って教えてあげるのです。

もし可能であれば、短い時間、「瞑想」も行えたら“なおよい”と思います。
瞑想は自分に「この瞬間、あなたを脅かすものはないんだよ」と教えることになるからです。

「呼吸」や「瞑想」は、方法や時間の長さ、体感できる成果にこだわらなくてよいです。

まず簡単にできることは、とにかくいつも以上に息を吐くこと。
それを繰り返すだけでも、ちょっとずつ心が晴れていくと思います。

私も過去に…法人営業をやっていて月の受注がダメだった時、錯乱しそうになっても…
息を吐くことを意識しただけで冷静さを取り戻し、どう対処すればいいのか、結構切り替えることができたものでした。

息を吐くことは、自分を苦しめているものを息に載せて、外に追い出すことでもあります。
自分がつらくて前を向きたいとき…でも、それも気持ち的に難しいときは…是非とも試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました